通信講座利用規約

通信講座利用規約

Prau(以下、「当社」といいます)は、通信講座の提供に関して、以下の通り利用規約(以下、「本規約」といいます)を定めるものとします。
通信講座の利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいた上で、本規約に同意いただく必要があります。

第1条 本規約の適用および変更

1.本規約は、申し込み者と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
2.当社は、当社の都合により、本規約と本サービスの内容を変更することができるものとします。変更後、受講者が通信講座を利用開始した時点で、受講者は、本規約とその他諸規約の内容に同意したものとみなします。なお、変更の際は当社のウェブサイト上に掲示するか、又は、当社が適当と判断する合理的な方法により、受講者に告知するものとします。

第2条 申し込み

1.通信講座の利用希望者は、本規約を承認した上で、所定の手続きに従って申し込みを行うものとし、当社がこれを承諾し、当該手続きが完了した時点で、本規約に基づく契約が成立し、受講者となります。
2. 当社は、通信講座の利用申し込みを行った利用希望者が以下のいずれかに該当する場合は、当該申し込みを承諾しない場合があります。
(1)申し込み内容に虚偽、記入漏れ、誤記があった場合
(2)利用申込者が過去に本規約の違反を行っている場合。
(3)その他当社が受講者として不適切と判断した場合

第3条 キャンセル

申し込み後のキャンセル、中途解約はできません。

第4条 教材およびウェブサービス等

1.通信講座で提供される教材および添削、ウェブサービス等は、その受講資格を有する受講者のみが利用できるものとします。
2.当社は、教材に関して、所定の期間内に受講者自身によるダウンロードにより提供します。なお、これらウェブサービス利用時の通信料金等は受講者の負担とします。

第5条 IDとパスワードの管理

1.当社は、利用申込者の利用を承認した場合、利用者に対し受講者ID、パスワードを通知します。
2.受講者IDの通知日をもって、当社と利用者間の本サービスに係わる契約は成立したものとします。
3.受講者は、ID、パスワードを第三者に貸与・譲渡・名義変更することはできません。
4.受講者は、ID及びパスワードを自己の責任において管理するものとし、その使用上の誤り又は第三者による不正使用等より損害が生じても、当社は一切責任を負いません。

第6条 当社による利用承認の取消等

当社は、受講者が次のいずれかに該当すると当社が判断した場合、受講者への事前通知なしに、通信講座の利用の一時的停止等、その他当社が適切と判断した措置を講じることができるものとします。
(1)受講者が、第9条の禁止行為を行った場合
(2)受講者が本規約又は諸規約に違反した場合
(3)その他、受講者として不適当と当社が判断した場合

第7条 受講者サポート

1. 当社は、受講者に対し、受講期間中、以下の通りサポートを無償で提供するものとします。
(1)通信講座に関する質問
(2)テキスト内の操作方法、問題や課題に関する質問
(3)その他学習方法や資格取得に関する質問
2.当社のサポートは、講座の目的に応じたアドバイス、解答解説、サポートするものであり、講座内容から逸脱する質問には回答できない場合があります。
3.テキスト範囲外の多数の質問など、通信講座の運営に支障をきたすと当社が認める場合、当社はサポートの提供をお断りすることができるものとします。
4.当社の講座は、コンピュータの基本操作やOSの使い方などを学ぶ内容は含まれておりません。それに対する質問も原則受け付けておりません。
5.質問とそれに対する回答は、原則としてメールを使用するものとします。

第8条 料金

1.受講者は、当社が別途定める本サービスの利用料金(受講料)を、当社所定の方法により当社に支払うものとします。
2.通信講座を利用するために発生した必要な設備費用、並びにウェブサービスの利用に伴って発生した通信料、および受講料の振込手数料等は、受講者が負担するものとします。

第9条 禁止事項

受講者は、以下の行為を行わないものとします。当社は、受講者が以下の行為を行うおそれがあると当社が判断した場合、適当な措置を講じることができるものとします。
(1)本規約において当社が指定する以外の目的で、教材又はウェブサービス等を使用する行為
(2)他の受講者に成りすます行為
(3)当社、又は第三者に損害を与える行為
(4)本サービスの運営を妨げるような行為
(5)本サービスを通じて入手したデータ、情報、文章、ソフトウェア等に関し、著作権法で認められた私的利用の範囲を超え複製、販売、出版等を行う行為。
(6)その他当社が不適切と判断する行為

第10条 サービスの中断

1. 当社は、以下の場合、通信講座の提供の全部または一部を中断することができるものとします。
(1)当社のホームページのメンテナンスを実施する場合
(2)天災、停電、戦争等の不可抗力により通信講座の提供ができなくなった場合
(3)その他当社が通信講座の運営上、一時的な中断が必要と判断した場合
2.当社は、前項の規定により通信講座の全部又は一部の運営を中断するときは、あらかじめその旨を受講者に通知します。但し、緊急時ややむを得ない場合は、この限りではありません。

第11条 サービスの変更・中止

当社は、営業上その他の理由により、通信講座の全部または一部につき、内容変更や、提供を中止することがあり、その場合、少なくとも1カ月前に当社が電子メールおよびPrauのウェブサイト上での告知により受講者に通知するものとします。但し、当該変更・廃止等がなされる以前の時点で既に会員が受講を開始しているサービスについては、既に受講を開始した当該受講生は、原則として当該サービスの終了まで、同一条件で当該サービスを受講できるものとします。

第12条 準拠法

本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第13条 管轄裁判所

本規約又はサービスの利用契約に起因し、又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

2019年12月15日制定