Prau Office 学習所

エクセル

Excel(エクセル)で翌月の1日、5日、20日など特定の日付を表示する|DATE関数の使い方

Excel(エクセル)でのDATE関数の使い方です。翌月の1日、5日、20日など特定の日付を表示する方法を例として説明します。
エクセル

Excel(エクセル)で年代ごとにまとめて、性別や年代別に集計する方法

Excel(エクセル)で年齢を年代ごとにまとめる方法を紹介します。また、年代や、男女別に集計する方法をピボットテーブルを例にして説明します。
エクセル

Excel(エクセル)での五捨六入、五捨五超入を設定する方法

Excel(エクセル)で五捨六入や五捨五超入を関数を使用して設定するやり方です。それぞれの意味も説明します。
エクセル

Excel(エクセル)でのIF関数とIFS関数の違い|IF関数をIFS関数へ変換するやり方

Excel(エクセル)でのIF関数とIFS関数の違いを説明します。また、IF関数をIFS関数へ変換するやり方も紹介します。
エクセル

Excel(エクセル)で条件によって判定し、結果を分岐させる方法|IFS関数の使い方

Excel(エクセル)でのIFS関数の使い方です。条件によって判定し、その条件を満たしているかどうかで結果を分岐させることができます。
エクセル

Excel(エクセル)でのIFERROR関数とISERROR関数の違い

Excel(エクセル)でのIFERROR関数とISERROR関数の違いについて説明します。最近のエクセルを使用している方はIFERRORがお勧めです。
エクセル

Excel(エクセル)でエラー表示の場所を空欄にする方法|ISERROR関数の使い方

エクセルで、エラー表示を非表示にするISERROR関数の使い方です。Excel2007以降のバージョンを使用している場合は、似た名前のIFERROR関数がおすすめです。
エクセル

Excel(エクセル)でエラーを表示しないように(非表示)する方法|IFERROR関数の使い方

Excel(エクセル)でエラー表示を非表示にする方法です。バージョン2007以降で使用できるIFERROR関数の使い方を説明します。
エクセル

Excel(エクセル)で表の縦横(行列)を一致させて検索(抽出)する方法|複数条件での検索も

Excel(エクセル)で表の縦と横のデータを一致させてデータを抜き出す方法です。使用するのはMATCH関数とINDEX関数。2つの関数を組み合わせて使用します。また、複数条件の場合も説明します。
エクセル

Excel(エクセル)で項目の場所(位置)を調べる|MATCH関数の使い方

Excel(エクセル)で項目名などの場所が、左や上から何番目にあるかを調べるMATCH関数の説明です。他の関数と組み合わせて使用する機会が多い関数です。