Excel(エクセル)で3D参照が使える関数の一覧

スポンサーリンク

Introduction

Excel(エクセル)では、複数のワークシートで同じ位置を参照する「3D参照」という機能が存在します。

イメージとしては、下の図のような感じです。同じ形の表を上から順に串で刺すように集計していきます

しかし、この3D参照、使用するには条件があります。

  • 表の位置が同じ
  • 表の場所が同じ
  • 項目の順番も同じ
  • 同じブックに存在する

これらを満たさないと使用できません。

つまり、集計する範囲が複数ワークシートで同じ必要があるのです。位置がずれると串が刺せませんよね。

※集計結果の場所は違う場所でも大丈夫です。

3D参照を使用する場合は、事前にこの機能を使用する事を想定して表を作成する必要がありますね。

 全ての関数が使えるわけではないんだにゃ

使用できる関数の一覧

さっそく一覧をまとめます。

関数名 簡単な説明
SUM  合計を求める
AVERAGE  平均を求める(文字列は対象とならない)
AVERAGEA  平均を求める(文字列を0として扱う)
COUNT  個数を数える(文字列、論理式、空白は抜かす)
COUNTA  個数を数える(空白のみ抜かす)
MAX  最大値を求める(文字列は対象とならない)
MAXA  最大値を求める (文字列を0として扱う)
MIN  最小値を求める(文字列は対象とならない)
MINA  最大値を求める (文字列を0として扱う)
PRODUCT  積を求める
STDEV  標準偏差を求める(母集団全体から求める)
STDEVA  標準偏差を求める(文字列を0として扱う)
STDEVP  標準偏差を求める(母集団を標本として求める)
STDEVPA  標準偏差を求める(文字列を0として扱う)
VAR  分散を求める(母集団全体から求める)
VARA  分散を求める(文字列を0として扱う)
VARP  分散を求める(母集団を標本として求める)
VARPA  分散を求める(文字列を0として扱う)

文字列を扱うか、扱わないかで関数の種類が増えてしまい見難いですね。

また、STDEV関数やVAR関数は、Excel2010から関数の種類が増えていることにも注意が必要です。

(例)STDEV → STDEV.P   STDEV.S

似た関数は抜かしてもう一度一覧にしてみます。

関数名 簡単な説明
SUM  合計を求める
AVERAGE  平均を求める
COUNT  個数を数える
MAX  最大値を求める
MIN  最小値を求める
PRODUCT  積を求める
STDEV  標準偏差を求める
VAR  分散を求める

すっきりしました。こうしてみると多くはありませんね。

まとめ

3D参照は、アンケート結果など、最初から集計作業が必要で、同じ形の表を使用すると分かっている場合にはとても便利な機能です。

実際の使用法は、SUM関数を使用した例がExcel(エクセル)で複数シートを串刺し集計(3D集計)する方法にありますので是非ご覧ください。

 シートを立体的に把握するから3D参照にゃ
スポンサーリンク
関連コンテンツ