Excel(エクセル)で郵便番号から住所を入力する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

住所録などを作成している時に、効率よく住所を入力する方法です。

データベースソフトのAccess(アクセス)の場合は、郵便番号を入力すれば自動で住所が入力される機能がありますが、

残念ながらエクセルには存在しません。

しかし、郵便番号用のアドイン(拡張機能)をインストールすれば、

  • すでに入力されている郵便番号→住所
  • すでに入力されている住所→郵便番号

を自動入力することができます。

そちらのやり方は、Excel(エクセル)で郵便番号から隣のセルに住所を自動で一括変換する方法をご覧ください。

 

ここでは、アドインのインストールなしに、元から準備されている日本語変換システム(IME)の「郵便番号辞書」を利用することで、簡単に住所を入力する方法を説明します。

 

いくつかの住所を入力する場合に便利だにゃ
スポンサーリンク

郵便番号辞書の確認

まずは、郵便番号辞書がONになっているか確認です。

※最近のWindowsを使用している場合は、最初からONになっているので、この場所は飛ばしてもらってOKです。

 

Windows10の画面で確認方法を説明します。

※違うバージョンでも、IMEのプロパティで設定するのは同じです。

デスクトップ画面右下の「A」の場所で右クリック

※ひらがなモードの場合は「あ」の表示になっています。

表示された一覧から[プロパティ]を選びます

表示された[Microsoft IME の設定]画面で、[詳細設定]をクリック

表示された画面で[辞書/学習]タブに移動して、[郵便番号辞書]にチェックが入っているか確認します。

同じ画面は、右クリック後の[追加辞書サービス]→[辞書の設定]からも表示することができます。こちらの方が簡単かもしれません。

チェックが入っていれば準備OKです。

 

もし、この場所に「郵便番号辞書」が存在しない場合はインストールする必要があります。

Windows Vistaを使用の場合は、下のリンクからダウンロードしてインストールしましょう。

マイクロソフトのダウンロードセンター

クリックした先で、右上の虫眼鏡をクリックしたら、

「郵便番号辞書」で検索です。

検索結果から、探してください。

※32ビットと64ビット版があるので注意しましょう。

郵便番号から住所を入力する方法

では、郵便号から住所を入力してみます。

住所を入力したいセルを選択したら、

難しく考えずに、郵便番号をそのまま入力して、

ちなみに、数字は半角、全角どちらでも大丈夫です。

「スペース」キーを2回押して変換します。

変換候補に住所が出てくるので選びましょう

入力されます。

簡単ですね。しかし、ちょっと注意事項。

【注意事項】

  • ひらがなモードにしておく
  • 間のハイフン「-」も入力する

間の「-」を入力する必要があるのがちょっと面倒ですね。

効率よく入力するやり方

入力の効率をもう少し上げたい場合は、元の郵便番号を隣のセルにコピーしましょう。

あとは、コピーした郵便番号のセルをダブルクリックしてカーソルを移動して、選択したら「変換」キーで変換します。※スペースキーで変換しようとすると、文字が消えてしまうので注意

※IMEのバージョンと設定の組み合わせで、文字を選択しなくてもカーソルを置いておくだけで変換できる場合もあります。2016だと、残念ながら文字を選択する必要があります。

「変換」キーの場所は、キーボードによって異なりますが、スペースキーの右隣にあると思います。

一覧から住所を選べば

スピーディーに変換できますね。

住所から郵便番号を入力する方法

住所が正確に入力されていれば、

そこから郵便番号に変換することも簡単にできます。

都道府県名から町名までをドラッグして選択して、

あとは「変換」キーを押しましょう

※スペースキーで変換しようとすると、文字が消えてしまうので注意

あとは、変換候補から半角か全角の郵便番号を選ぶだけです。

変換できました。

 

また、セル内に郵便番号に必要な場所だけ入力されていた場合は、

そのセルにカーソルを置いておくだけで、

変換できます。

文字を選択する必要がないので楽ですね。

※IMEのバージョンと設定の組み合わせによっては、町名まで文字を選択しないと変換できません。2016だと、残念ながら文字を選択する必要があります。

まとめ

以上のように、最初から準備されている郵便番号辞書を活用することで、簡単に変換できます。

番地までは無理なので、これは頑張って入力するしかありません。

普段、漢字の変換にはスペースキーを使用している方が多いと思うので、「変換」キーに慣れるのが少し面倒かもしれませんね。

 

最初にも書きましたが、大量の住所の変換が必要な場合は、Excel(エクセル)で郵便番号から隣のセルに住所を自動で一括変換する方法をご覧ください。

 

 ハガキの郵便番号は機械で読み取るので、きれいに書くにゃ
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所