Excel(エクセル)での昇順と降順の説明|昇順降順の覚え方

 Introduction

Excel(エクセル)で作業している際の昇順と降順の違いの説明です。

並べ替え(ソート)やフィルター(抽出)、RANK関数などを使用するときに昇順と降順を選ぶ場合があります。

どっちが昇順だっけ?どっちが降順だっけ?

ここでハッキリさせましょう。

 どっちがどっちか分からなくなるにゃ

スポンサーリンク

昇順と降順の説明

小さい方から大きい方へ並べていくのが昇順です。

英語では、「ascending order」。下の表が例です。

昇順
数字 ひらがな 英字 日付
0 A 2000/1/1
1 B 2000/1/2
2 C 2000/1/3
3 D 2000/1/4
4 E 2000/1/5
5 F 2000/1/6
6 G 2000/1/7
7 H 2000/1/8
8 I 2000/1/9
9 J 2000/1/10
10 K 2000/1/11

大きい方から小さい方へ並べていくのが昇順です。

英語では、「descending order」。下の表が例です。

降順
数字 ひらがな 英字 日付
100 Z 2000/1/11
99 Y 2000/1/10
98 X 2000/1/9
97 W 2000/1/8
96 V 2000/1/7
95 U 2000/1/6
94 T 2000/1/5
93 S 2000/1/4
92 R 2000/1/3
91 Q 2000/1/2
90 P 2000/1/1

覚え方

さて、この昇順と降順。どっちがどっちか忘れてしまう場合の覚え方です。

2つ紹介します。1つはかなり強引ですが・・・。

覚え方その1

1番有名な覚え方。

昇順の「昇」は、登っていくイメージですね。

ということで、「1段、2段、3段と小さい方から大きい方へ階段を上っていく」イメージで覚えてしまう。

降順の「降」は、そのまま降りていくイメージですね。

ということで、「3段、2段、1段と大きい方から小さい方へ階段を降りていく」イメージで覚えてしまう。

覚え方その2

「昇順」 → 「しょうじゅん」 → 「しょう」 → 「小」 → 小さい順

「降順」 → 「こじゅん」 → 「お…」 → 「大きい」 → 大きい順

「こうじゅん」を「こおじゅん」と無理やりな気もしますが、覚えやすいかもしれません。

まとめ

「昇順」と「降順」のどちらかさえ覚えておけば、もう片方は逆の意味なので覚える必要はないかもしれませんね。

エクセルではよく使用するので、覚えておいて損はないですよ。

 昇順、小順、小さい順・・・

スポンサーリンク
関連コンテンツ