Excel(エクセル)で、データや数式を、右や下にコピーするショートカット

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

エクセルで、数字や文字などのデータを、下や右にコピーするショートカットです。数式のコピーにも使用できます。覚えておくとデータ入力時に役立ちますよ。

  • 下にコピーするには 「Ctrl」+「D」
  • 右にコピーするには 「Ctrl」+「R」

を使用します。

 

途中で紹介する数式のコピーがおすすめにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数字や文字を下にコピーする方法

下にコピーする場合は「Ctrl」+「D」を使用します。

「Down」の「D」なので覚えやすいですね。

 

下の表をご覧ください。すぐ下に、直前と同じデータを入力したかったとします。

通常は、上のデータを選択してからコピーして、

下の場所を選択して貼り付けますね。

 

この方法が間違いではありませんが、もう少し手順を少なくすることができます。

最初のコピーの操作はする必要がありません。

データが欲しいセル範囲を選択して、

「Ctrl」を押しっぱなしにして、「D」を1回押せば、真上のデータがコピーされます。

コピー作業をしなくて良いだけ、少しだけスピードアップしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数式をまとめてコピーする方法

「Ctrl」+「D」のコピーは、数式のコピーでも活用できます。

例えば下の表の一番右側、

「G1」セルには、「単価」×「数量」である、

=E2*F2

の式が入っています。

この式を下までコピーするには、通常オートフィル機能を使用すると思います。

表の形によっては、フィルハンドルをダブルクリックするだけでも、表の最後まで数式をコピーできます。

 

この数式のコピーは、「Ctrl」+「D」でも可能です。

コピーする数式が入っているセルを選択して、

その数式をコピーする最後のセルを「Shift」キーを押しながらクリックします。

「Shift」+ クリック・・・クリックした最初から最後までの範囲を選択

続けて「Ctrl」+「D」を押すと、数式がコピーされます。

 

また、マウスを使用したくない場合は、

コピーしたい最初の数式が入っているセルを選択したら、「Shift」キーを押したままにした状態で、カーソルキーの「↓」を押します。

「Shift」+「↑」「↓」「←」「↓」・・・選択範囲の拡張

すると、選択範囲が下に拡張されていきます。

必要な場所まで選択範囲を広げて、「Ctrl」+「D」を押すと、数式がコピーされます。

ノートPCで作業している時などに便利ですね。

右にコピーする方法

「Ctrl」+「D」は、下にコピーしますが、「Ctrl」+「R」だと右にコピーすることができます。

「Right」の「R」なので、これも覚えやすいですね

 

使い方に関しては、先ほどの「Ctrl」+「D」と同じなので簡単に説明します。

下の表、赤枠の範囲を右にコピーしたい場合は、

貼り付け先を選択しておいて、

「Ctrl」+「R」を押すだけで、左のデータがコピーされます。

数式のコピーでも「Ctrl」+「D」と同じように使用できますよ。

まとめ

オートフィル機能を使用せずに数式をコピーできるのが便利ですね。

最初に選択さえしておけば、大きな表で数式をコピーするのに役立ちます。

 

 

「Ctrl」+「U」や「L」で上や左にコピーはできないにゃ