Excel(エクセル)で「Ctrl」キーを使用してセル選択の一部を解除する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

最近のエクセルでは、CTRLキーを使用してセル選択の一部を解除できるようになっています。

例えば広い範囲を選択して、その内部をもう一度選択した場合、

昔は、下のようにさらなる選択になりましたが、

最近のエクセルでは、選択解除になります。

バージョンはOffice2019や、Office365を使用している方、また、Office2016C2R版でバージョンアップしている方も大丈夫。

地味な変更なので気づいていない方もいるのでは

いつからできるようになったのか、マイクロソフトのOffice更新プログラムのページで確認してみると、

「2018年1月17日 バージョン1712(ビルド8827.2148)」のExcel機能の更新の場所で、セルを選択解除する: ワークシートで選択を行い、間違ってクリックしたセルを選択解除します。最初からやり直す必要はありません。」と更新の説明があります。

しかし、バージョンを戻しながらチェックしてみると、機能そのものは「2017年11月2日 バージョン1710(ビルド8625.2121)」からできるようになったようです。

 

いつの間にかできるようになっていたにゃ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「Ctrl」キーで選択を解除する

例えば、下のようなアンケート結果表に、

「〇」と入力したかった場合、

手元に紙ベースの資料があったら、「Ctrl」キーを押しながら、必要な場所を選択して、

「〇」と入力してから「Ctrl」を押しながら「Enter」キーを押すと、

選択したすべてのセルに「〇」が入力されます。

そんな時、間違えて必要のないセルを途中で選択してしまっても、

後からクリックすれば選択が解除できます

 

下のように、表の一部をコピーしたかった場合でも、

間違えて必要のないセルを選択してしまったら、

「Ctrl」キーを押しながら選択しなおせば、簡単に選択から外すことができます。

選択のやり直しが無くなるので助かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

昔からエクセルを使用している方ほど、「できないもの」と覚えていて、使っていないのではないでしょうか。

離れたセルを複数選択している途中で間違えると、最初から・・・。

ちょっとイラっとしたこともあるのでは。

やってみるとアッサリできるようになっていて何だか拍子抜け。

昔からの思い込みが、最新の機能に気づかない原因になることもありますね

 

ちなみに、機能が追加された直後は、マウスポインタが消しゴムの形に変化していました。

 

いつの間に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所