Excel(エクセル)で計算式や関数をそのまま表示する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Introduction

Excel(エクセル)で入力した数式や関数をそのまま画面に表示する方法です。

式を印刷して見直す場合になどに使えますね。

 

 エクセル問題の解答作成にも使えるにゃ
スポンサーリンク

式を表示する方法

今回は、下の表の計算式を表示してみます。

[数式] → [数式の表示]をクリックします。これだけ。

全ての数式が表示されました。

少し拡大すると、

数式、関数はしっかり表示されているのが分かります。

しかし、困ったことに列幅が正確に式の長さと合っていません。

印刷する場合など、これでは困りますね。

 

では、列幅を変更しましょう。

列番号の上にマウスを持っていき、全ての変更したい列を選択します。

選択ができたら、選択したどこかの列番号の間でダブルクリックしましょう。

マウスカーソルの形に注目です。左右の矢印が出てからダブルクリックしてください。

これで、選択した全ての列幅が文字を表示するジャストサイズになります。

 

式が長い場合は、幅がとても広くなってしまいます。

印刷などの作業が終わったら、また同じ手順で戻しておきましょう。

 

また、オプションからも設定できます。

[ファイル] → [オプション]をクリック。

左側の[詳細設定] → スクロールバーを少し下に移動します。

真ん中少し下まで移動して、[計算結果の代わりに数式をセルに表示する]のチェックを入れて[OK]。

 

 式が長い場合、印刷設定に工夫が必要だにゃ
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所