Excel(エクセル)で1行おきに空白行を挿入する方法|2行おきや3行おきなど複数行を間に入れることもできます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2010 2013 2016 2019 2021 365

エクセルで、1行おきに行を挿入する方法です。2行おきや、3行おきなど、複数行も可能です。

連番と並べ替え機能を使用する事で、100行でも1000行でも簡単に設定できますよ。

 

1行ずつなら簡単だにゃ

スポンサーリンク

1行おきに行を挿入する方法

では、下のデータに1行ずつ空白行を間に入れていきます。

流れは以下のようになります。

  1. 右の列に連番を作成する
  2. その連番を下にコピーする
  3. 全体を並べ替えする
  4. 連番を作成した列を削除する

手順が多く見えますが、基本機能しか使用しませんので時間はかかりません。

 

早速やってみましょう。

まず、データの最初の行の右セルに「1」と入力します。
※見出しの行は飛ばしましょう。

入力したセルを選択して、右下のフィルハンドルを下に引っ張ってコピー。

コピーした直後に表示される[オートフィル オプション]をクリック。

一覧から[連続データ]を選んで、

連番を作成します。

この連番をそのまま下にコピーします。

選択されている状態でコピーしましょう。

すぐ下のセルを選択して、

[貼り付け]ボタンを押して、

貼り付けます。

データ個数ぶんの連続データが2つできました。
※複数行入れたい時は、入れたい行の数だけ繰り返し貼り付けます。

ここから並べ替え機能を使用していきます。

 

元のデータを含めて作成した連続番号の範囲全体を選択します。

[ホーム]タブ → [並べ替えとフィルター]をクリック。

[ユーザー設定の並べ替え]を選びます。

表示された画面では、[最優先されるキー]の場所に、連続番号を作成した列を指定します。
※今回の場合は (列B) を選択

[OK]を押すと、連番が2つずつ並ぶことにより、空白行が作成されます。

後は、いらなくなった連番の行を削除すれば終了です。

連番を作成した列番号の上で右クリック → [削除]を選びます。

完成です。

スポンサーリンク

間に複数行を入れたい場合

ここまでの説明途中に※印で書きましたが、間に複数行を入れたい時も、やり方は1行入れるときと変わりません。

ただ、途中の連番をコピーする回数を増やすだけです。

1行空けたいときは、下のように1つ連続番号をコピーしますが、

2行空けたい時は、2回貼り付けます。

3行空けたい時は、3回。

そして、元データ含めて選択して、

並べ替えを行えば作業終了です。

まとめ

「連番を作成後コピーして、それらを含めて並べ替え」

と覚えておくと良いですね。

関数を使用することなく基本操作で完結するのでお手軽です。

 

逆に1行飛ばしで行を削除する方法は下で紹介しています。

Excel(エクセル)で一行ずつ飛ばして行を削除する方法
Excel(エクセル)で一行間隔で横の行を削除する方法です。二行おきや三行おきに削除することもできますよ。

 

並べ替えを使うのがポイントだにゃ