Excel(エクセル)で、数式のチェックや確認時に便利なショートカットキー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

エクセルで数式をチェック、確認する際に覚えておくと便利なショートカットキーの紹介です。

 

数式の表示、非表示・・・「Ctrl」+「Shift」+「@」

参照元のセル範囲・・・「Ctrl」+「[」

 

この2つを紹介します。

 

他の人が作成した表を扱う場合が多い人にお勧めにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数式を表示するショートカット

最初に紹介するのは、数式を表示するショートカットキーです。

「Ctrl」+「Shift」+「@」

「Ctrl」と「Shift」を左手で押しっぱなしにした状態で、右手で「@」をチョンと押します。

下の表の明るくした部分には数式が入っているのですが、

このショートカットを使用すると、下のように入っている数式が表示されるようになります。
※もう一度押せば、数式が消えて元の状態に戻ります。

ポイントですが、

自動で列幅が広がって表示される

ということ。

しかし、ある程度広くなるだけで、長い数式が入っているセルでも、その式全てが表示されるまでは広がりません。

また、これらは見た目上広がるだけであって、実際の列幅は広がっていません。

そのため、この状態で列幅を変更すると、数式を非表示に戻した際に、元の列幅も変わってしまうのが難点となります。

式を見やすくするために列幅を変更してしまった場合は、表示を戻した後は、すぐに[元に戻す]ボタンを押して列幅も戻してあげましょう。

 

もう1つのポイントは、数式が入っているセルを選択してある状態で実行すると、その数式が参照しているセル範囲も表示してくれるということ。

 

ちなみに、こちらのショートカットは[数式]バーの[数式の表示]ボタンを押すのと同じ結果となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数式の参照元を確認するショートカット

次に、数式が参照しているセル範囲を簡単にチェックする方法です。

「Ctrl」+「[」

数式の入っているセルで、このショートカットキーを押すと、その数式が参照しているセル範囲が選択されます。

下の「G4」セルにはVLOOKUP関数を使用した式が入っているのですが、

「Ctrl」+「[」を押すと、下のように参照している範囲が選択されます。

数式が様々な場所で利用されている表の場合、「この式が参照しているセルはどこかな?」と軽くチェックしたい場合に有効なショートカットキーです。

まとめ

両方とも覚えておくと、ちょっとした時に役立ちます。

覚え方ですが、

「@」のぐにゃぐにゃした感じを「数式」にイメージして、

  • 「Ctrl」+「Shift」+「@」・・・端っこ2つ押しながら「数式」
  • 「Ctrl」+「[」・・・「[」を左の範囲を広く示すイメージ

というのはどうでしょう。

強引すぎでしょうか・・・。

ただ、ショートカットキーは何らかのイメージと結びつけないと覚えるのが大変な気もします。

 

ショートカットよりショートケーキが好きだにゃ