Excel(エクセル)のグラフで、行列を非表示にしたら消えちゃった!?|表の行列とグラフが連動、反映しないようにする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

エクセルで作成したグラフは、

元となった表の行や列を非表示にしたり削除すると、その系列は消えてしまいます。

これを、そのまま表示するようにする方法です。

今回は縦棒グラフで説明しますが、折れ線グラフや円グラフなど他のグラフでも設定場所は同じです。

 

設定方法は簡単だにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

行列を非表示にしても系列を消さない方法

では、早速設定です。

グラフをクリックすると表示される[グラフのデザイン]タブ → [データの選択]をクリック。

表示された[データ ソースの選択]画面で、左下の[非表示および空白のセル]をクリックします。

表示された画面の一番下、[非表示の行と列のデータを表示する]にチェックを入れて[OK]。

これで行列を非表示にしても系列はそのまま表示されます。

この設定は、行列を非表示にする前にやっても後にやってもすぐに適用されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

表とグラフを同時に見せたいけど、表は大事な場所だけ表示したい時に便利です。

設定はすぐに終わるのですが、場所が普段見ない場所にあるので、できることを覚えておくのが大切ですね。

 

逆に系列だけを消したい時は、選択して「Delete」キーを押すだけだにゃ