拡張メタファイルとWindowsメタファイルの違いについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

ワードやエクセル、パワーポイントで「形式を選択して貼り付け」をする時などに見かける「Windowsメタファイル」と「拡張メタファイル」。それぞれどのようなファイルなのでしょうか。

その違いについて説明します。

 

 メタメタメタ?
スポンサーリンク

Windowsメタファイルとは

Windowsメタファイルとは、拡張子が「.wmf」のファイルです。

Windowsの「W」が最初にきていることから分かりますが、マイクロソフトのWindowsで使用する画像フォーマットの1つです。

ワードやエクセル、パワーポイントの「図形」機能で描かれたものはこの形式になります。前のバージョンでは、「オートシェイプ」と呼ばれていた図形も同じです。

 

特徴を簡単にまとめます

 

  • コンピュータ全般でみると、あまり使用されていない
  • Office製品(ワード、エクセルなど)で描画する図形で使用されている
  • ベクタ画像形式(線で描画)なので、拡大縮小で画像が汚くなりにくい
  • ビットマップ画像を埋め込むことができる
  • 16ビット形式

 

覚えるべき場所は、文字を赤くした2か所だと思います。

 

Office製品で描画したWindowsメタファイルは、そのままWindowsメタファイルの状態で図形のみ保存することはできません。

画像形式を変更すれば保存できます。

しかし、その場合Windowsメタファイルの良さである、拡大縮小時の画像劣化がなくなってしまいます。

 

同じオフィスのファイルで今後使用しそうな図形であった場合、その図形だけ新規ファイルにコピーして、名前を付けて保存しておくと管理しやすいかもしれませんね。

拡張メタファイルとは

拡張メタファイルとは、拡張子が「.emf」のファイルです。

Windowsメタファイルを改良したものが、拡張メタファイルです。

特徴はWindowsメタファイルと重なりますので異なる部分のみまとめます。

 

  • 32ビット形式
  • プログラマが新たに機能追加をしたり仕様を変更したりできる
  • 拡張性が高い分、同じ拡張メタファイルで互換性がない場合がある

 

 Windowsメタファイルと拡張メタファイルは仲間だったのにゃ

Office製品を使用しているとき、「Windowsメタファイル」と「拡張メタファイル」のどちらを選ぶか

もし、両方選べる場合どちらを選びましょう。

 

状況によると思うので一概には言えませんが、どちらでも良いと思います。

強いて言うならば、拡張メタファイルはWindowsメタファイルの改良形式ですので、拡張メタファイルを選ぶのが無難だと思います。

実際に、ワードファイルをPDF形式にした場合、Windowsメタファイルだと乱れた画像が、拡張メタファイルだと大丈夫だったということもあるようです。

まとめ

普段よく使用している、ワードやパワーポイントの図形機能ですが、普段インターネットで見かける画像形式とは違います。

拡大縮小しても美しいままというのは嬉しいですよね。

ちなみに、ここでは詳しく説明しませんが、ラスタ形式の画像(点で描画)とベクタ形式の画像(線で描画)の違いは大切なので覚えておくとよいと思います。

 

なんか細かい話なので初心者は気にしなくていいかもにゃ

スポンサーリンク



Office共通
Prau(プラウ)Office学習所