ワードやエクセルで単語登録(文字登録)する方法|ショートカットや削除のやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

好きな言葉に文字を登録できる単語登録。一度登録すると、変換の一覧に表示されるようになります。

例えば、「みけ」という文字に「三毛猫物産」を登録すると、下のように変換候補に表示されます。

この機能は、IME(日本語変換処理ソフト)の機能で、ワードやエクセルの独自機能ではありません。ということは、1度設定すれば文字入力の際に、全てのソフトウェアで使用できるという事です。

ここでは、ワードやエクセルから登録する場合の簡単な方法のみ説明します。

ちなみに、半角も全角も60文字まで登録できますよ。

 

良く使う言葉は登録しておくにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ワードで単語登録する方法

文書作成ソフトウェアであるWordには、単語登録のボタンがちゃんと存在しています。

[校閲]タブ → [日本語入力辞書への単語登録]をクリックします。

このボタンですが、画面の大きさによってはアイコンがしまわれて分かり難くなります。少し画面領域を狭くすると、下のようにキーボードのアイコンだけになります。

さらに狭くすると、とうとう[言語]のサブメニューになってしまいます。

下の画面が表示されたら、赤枠で囲んだ部分の[単語]に登録したい文字を、[よみ]に変換したい文字を入れて[登録]をクリックすれば登録されます。

また、すでに入力してある文字を選択してから、

登録画面を表示すると、[単語]の場所に文字が自動で入ってくれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エクセルやパワーポイントで登録する方法

エクセルやパワーポイントでは、ワードのように単語登録を表示させるボタンは用意されていません。なのでショートカットキーを利用しましょう。

Windows10の場合

日本語入力がONの状態で、キーボードの「Ctrl」+「F7」を押します

「Ctrl」+「F7」・・・[単語の登録]画面を表示

これを押すだけで登録画面が表示されます。

注意したいのが、半角英数モードでは受け付けないこと。

画面の右下を見て、「A」ではなく「あ」になっているか確認しましょう。

このショートカットは、他のソフトウェア、ワードはもちろんメモ帳などでも使用できます。

Windows7の場合

Windows7の場合は、「Ctrl」+「F7」が使えないので、「Ctrl」+「F10」を使用します。

「Ctrl」+「F10」・・・IMEのショートカットメニュー表示

IMEのショートカットの一覧が表示されるので、その中から[単語の登録]を選ぶと登録画面が表示されます。

操作が1つ多くなりますね。

単語の削除と変更

登録した単語の削除や、文字の変更をしたい場合は、登録画面の下にある[ユーザー辞書ツール]をクリックします。

表示された画面の、削除や変更したい対象の単語を選択してから、下画像ピンク枠の場所を押せば削除、水色枠の場所を押すと登録時の画面を再表示できます。

まとめ

ショートカットキーを使用するのが1番早いのですが、頻繁に使用する方以外は、覚えるのが大変かもしれません。

Windows10の場合は、画面右下のIMEのアイコン(「A」や「あ」と表示されている場所)を右クリックして、

一覧から[単語の登録]を押す

同じ画面が表示されます。

削除や変更の画面も、[ユーザー辞書ツール]を選べば

表示されます。

ん?これが1番覚えやすくて簡単かも・・・。

 

仕事によっては、日常的に使用する長い文を登録するのもありだにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

講座紹介はこちらから

スポンサーリンク



Office共通
Prau(プラウ)Office学習所