コピーの履歴を保存してくれるクリップボードの使い方|複数のデータを、連続でコピーする際に便利な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Windows10

複数のデータをコピーして、必要なものを選んで貼り付ける際に便利なクリップボードの説明です。「コピー貼り付け」はパソコンを使用していて便利な機能の代表ですね。

最近のWindowsでは、クリップボードがショートカットで簡単に使用できるようになっていますよ。

Windows10を使用している方への説明となります。

 

ワードやエクセルにもクリップボードはあるにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Windows10のクリップボード

 

Windows10の2018年10月のアップデート(バージョン1809)から、コピーに履歴機能が追加されました。
※バージョン確認方法・・・[スタート]ボタン→[設定]→[システム]→左側下の[バージョン情報]

 

では、さっそく使ってみましょう。インターネット上の文字でも、ワードの文書でも何でも良いのでコピーしたら・・・。

Windows ロゴ キー + 「V

を押すだけです。

下の場所ですね。

通常の貼り付けが「Ctrl」+「V」なので、「Ctrl」を「Windows」に置き換えて覚えれば良いですね。

 

今回は、ワードに入力した下の6行を順番にコピーしました。

「Windows」+「V」を押すと、下のように一覧が表示され、クリックしたものが貼り付きます。


※初めて使用する時は、下の画面が表示されるので[有効にする]をクリックすると使えるようになります。


 

クリップボードに保存できる数は25個です。

過去にコピーしたものを確認する場合は、右上に小さく表示されているバーをクリックすると、

スライドバーが表示され、下に画面を移動できるようになります。

また、それぞれの右上をクリックすると、

[削除][ピン留めする][すべてクリア]の3つのメニューが表示されます。

  • 削除・・・選択したコピーを削除する
  • ピン留めする・・・「すべてクリア」をしても残るようにする
  • すべてクリア・・・クリップボードの全てを削除する

この中で便利なのは[ピン留めする]ですね。

しばらくの間、繰り返しコピーしそうなデータは、ピン留めして残しておきましょう。

ピン留めしたコピーは、メニューが[ピン留めを外す]に変化します。

クリップボードの中身は再起動すると消えてしまいますが、「ピン留め」しておいたものだけは残ります。

ちなみに、クリップボードにコピーできるものは、

  • テキスト
  • HTML
  • ビットマップ

となります。
※マイクロソフトのサポートには、このように記載されていますが、私の環境下ではビットマップやJPEG画像はクリップボードには収集できませんでした。ワードなどに取り込んだ画像(メタファイル)は可能でした。

また、項目ごとに4MBが上限になっているようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリップボードの設定場所

クリップボードを有効化・無効化する場所を紹介しておきます。

左下の旗のアイコンをクリックして、

[設定]をクリック。

左上の[システム]を選択。

左側で[クリップボード]を選び、右上の[クリップボードの履歴]の場所で、オンオフできます。

また、すぐ下に[他デバイスとの同期]という場所があります。

この場所の[開始する]をクリックすると、クラウド上でクリップボードを同期できるようになりますよ。
※同期する全てのOSがWindows10で、クリップボードの同期を有効にしている必要があります。

まとめ

異なるソフトウェア間でもコピー貼り付けを使用できるのが便利ですよね。

数種類の決まったテキストデータを複数回コピーする必要が出てきた場合は思い出したい機能です。

昔はあまり使用する機会のない左下のWindowsキーですが、最近は出番が増えてきた気がします。

 

「ピン留め」は有効に使いたいにゃ