Excel(エクセル)で平均以上、平均以下の個数をカウントする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

エクセルで平均以上や以下の個数を数える方法です。

どこかのセルに、すでに「平均」を算出している場合と、していない場合に分けて説明します。

使用するのは「COUNTIF関数」。指定した条件を満たしたセルを数えてくれる関数です。

 

「平均」を先に計算しておくと簡単だにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「平均」を算出したセルがある場合

まず、平均を算出したセルが存在する場合の方法です。

結果を表示したいセルを選択したら、[関数の挿入]ボタンをクリック。

「COUNTIF」関数を選びます。[関数の分類]を[すべて表示]か[統計]に変更して探しましょう。

 


COUNTIF関数・・・指定した範囲の中で、条件に合ったデータをカウントする。

COUNTIF(範囲,検索条件)

  • 範囲・・・検索する範囲を指定
  • 検索条件・・・検索する条件を指定

引数は下のように指定します。

[範囲]は数をカウントしたい全体の範囲。

[検索条件]には「平均のセル以上」という意味で ”>=”&D13 と指定します。

ここでのポイントは[検索条件]の場所ですね。

単純に「>=D13」と入力しても結果は表示されません。

 

[検索条件]でセル番地を使用する際のルール
不等号などの演算子だけ「”」で囲んで、「&」でセル番地を結合する

 

これを覚えておきましょう。

今回完成する式は

=COUNTIF(D3:D12,”>=”&D13)

となります。[OK]をクリックすると結果が表示されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「平均」を算出したセルが無い場合

次に、下のように「平均」を算出したセルが無い場合です。

基本的には先ほどと同じなのですが、平均を算出するために「AVERAGE関数」を同時に使用することになります。

では、結果を表示したいセルを選択したら、[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の挿入]画面で、「COUNTIF」関数を選びます。

まず、[範囲]には数をカウントしたい全体のセル範囲を指定します。

次に、[検索条件]です。今回は下のように入力します。

“>=”&

まず、“>=”のように、「以上」の意味となる比較演算子を入力します。以下の場合は”<=”になりますね。

また、次のAVERAGE関数を接続するために、「&」演算子を入力しておきます。

 

この後にAVERAGE関数を追加します。

左上の[名前ボックス]の右にある▼をクリックして、

一覧から「AVERAGE関数」を選択します。
※一覧に無い場合は、1番下の[その他の関数]から探しましょう。

すると、[関数の挿入]画面が「AVERAGE関数」に切り替わります。

[数式バー]をチェックして、関数が追加されていることを確認しましょう。

「AVERAGE関数」の引数には、平均を算出する範囲を選択しましょう。

 

[数式バー]の「COUNTIF」の場所をクリックすると、

「COUNTIF関数」の画面に戻ります。

[検索条件]に「AVERAGE関数」が追加されたことを確認しましょう。

後は[OK]をクリックすれば完成です。

まとめ

仕事内容によっては、使用することの多い「COUNTIF関数」ですが、検索条件にセル参照などを使用する場合は少し工夫が必要ですね。

「不等号などの演算子だけ「”」で囲んで、「&」でセル番地を結合する」

これは覚えておくと便利です。興味のある方は下でも説明しているので参考にしてください。

Excel(エクセル)のCOUNTIF関数やCOUNTIFS関数でセル参照(セル番地)を使用する方法
Excel(エクセル)のCOUNTIF関数やCOUNTIFS関数で、検索条件にセル番地を使用するやり方を説明します。

 

また、「COUNTIF関数」の基本的な使い方は、下のリンクからどうぞ。

Excel(エクセル)で複数の条件に合ったデータを数える|COUNTIFS関数の使い方
Excel(エクセル)で複数の条件に合ったデータの個数を数えるCOUNTIFS関数の説明です。一定範囲のデータをカウントすることもできます。

 

「&」演算子は、ちょこちょこ登場するにゃ