Excel(エクセル)で条件に合ったデータを数える|COUNTIF関数

Introduction

Excel(エクセル)で条件に合ったデータの数を数えるCOUNTIF関数の説明です。

COUNTIF関数を使用すると、一定の条件を満たしたデータの総数を数えたり、重複場所を確認のために表示するなど、様々なことができますよ。

重複したデータをCOUNTIF関数を使用して抽出する方法は別のページで紹介しています。Excel(エクセル)で重複(同一)データを抽出、カウントする方法をご覧ください。

 どうやら良く使う関数らしいにゃ

COUNTIF関数の使い方

下表の「国語」「英語」「数学」において、80点以上の点数がいくつあるかをカウントしてみます。

まず、関数を入力する「J6」を選択して、[関数の挿入]ボタンをクリック

COUNTIF関数を選びます。[関数の分類]を[すべて表示]にして選ぶか、[統計]の中から選びましょう。


COUNTIF関数・・・指定した範囲の中で、条件に合ったデータをカウントする。

COUNTIF(範囲,検索条件)

  • 範囲・・・検索する範囲を指定
  • 検索条件・・・検索する条件を指定

下の画面がCOUNTIF関数の引数ダイアログボックスです。

入力する場所が2つなので、あまり悩む必要はありませんね。

[範囲]には、カウントしたい範囲である「D2:F11」を選択

[検索条件]には、「80点以上」を条件式になおして、「”>=80″」と入力します。

ここでポイント。

[検索条件]はダブルクォーテーション「”」で囲む必要がある

これを忘れないようにしましょう。

今回は不等号を使用した条件になっていますが、文字列もよく使用します。

[OK]をクリックすると結果が表示されます。

どうやら13件のデータが存在したようですね。

COUNTIF関数の条件いろいろ

COUNTIF関数の[検索条件]の具体例をいくつか紹介します。

文字列で検索する例

まずは下の表の「部署」の「C2:C14」を使った例です。

「総務部」の数を知りたい場合は、「”総務部”」となります。

ダブルクォーテーション「”」で囲むのを忘れないようにしましょう。結果は「5件」。

逆に総務部以外の数を知りたい場合は、「”<>総務部”」となります。

やはり全体をダブルクォーテーション「”」で囲む必要があります。結果は「8件」。

では、「製造部」と「広報部」の合計の数を知りたい場合はどうしましょう?

COUNTIF関数を2つ使って足してしまいましょう。

=COUNTIF(C2:C14,”製造部”)+COUNTIF(C2:C14,”広報部”)

結果は「3件」。式は長くなりますが、分かり易いですね。

ワイルドカードの使用例

※条件式で使用する「*」や「?」のことをワイルドカードとよびます。

次に「会社名」の「B2:B14」の範囲で説明します。

最後が「~商事」で終わる会社の数を知りたい場合は、「”*商事”」になります。

「*」は「あいまい検索」とよばれ、1文字以上の任意の文字列をあわらします。

つまり「「商事」の前には何があってもいいよ」という意味。結果は「6件」。

例えば、間に「猫」という文字がある会社の数を知りたい場合は、「”*猫*”」と指定します。

結果は「7件」

「*」は文字列の長さを問いませんが、1文字に限定したい場合は「?」を使用します。

2文字目に「猫」を使った会社の数を知りたい場合は、「”?猫*”」になります。

結果は「6件」

このように、不等号やワイルドカードを使用すれば様々な検索が可能になります。

まとめ

COUNTIF関数の使い方を幾つか紹介しました。条件に応じたものを数えることができる関数なので、検索条件によっては様々な状況で活躍します。

エクセルを使用するうえで、覚えておくべき大切な関数の一つだと思います。

 COUNTIF関数は、重複したデータを数えたりする場合にも便利にゃ
スポンサーリンク
関連コンテンツ