Excel(エクセル)で前後の余計なスペースだけを削除する|TRIM関数の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

エクセルで文字列の前後のスペースだけを削除する方法です。

他からコピーしたデータを確認すると、データの前後に余計なスペースが残っている・・・。

こんな時に便利な機能が置換機能です。空白を空欄に置き換えることで全ての空白を削除できます。

でも全ての空白ということは、氏名の間の空白も消えてしまう・・・。

氏名の間のスペースは消したくないんだよな。

そんな時にはTRIM関数を使用使用しましょう。文字列の間の空白を1つだけ残して、後は全て削除してくれる関数です。


TRIM関数・・・文字列の間の空白は1つ残し、他の空白は全て削除する

=TRIM(文字列)

  • 文字列・・・余分な空白を削除したい文字列を指定

 

余分な前後だけを消せるにゃ

スポンサーリンク

余計な空白を削除する方法

では、下の赤い下線部分の空白を削除してみます。

削除後のデータを表示するセルを選択して[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の種類]を[文字列操作]か[すべて表示]に切り替えて「TRIM」を選んで[OK]。


TRIM関数・・・文字列の間の空白は1つ残し、他の空白は全て削除する

=TRIM(文字列)

  • 文字列・・・余分な空白を削除したい文字列を指定

 

引数の設定は簡単。

対象となる文字列が入力されているセルを指定するだけです。

[OK]を押してオートフィル機能でコピーすれば終了。

氏名の間の空白だけ残して前後の空白は削除されました。

後は、その修正後のデータをコピーして、

貼り付け先のセル範囲を選択して、

[貼り付け]の文字部分をクリック → [値]を押します。

これで、関数が消えて文字列として貼り付けられます。

関数を使用した右側の列は削除すれば良いですね。

TRIM関数のポイント

TRIM関数の注意点を3つ挙げておきます。

1、スペースの半角全角の区別は無い

半角全角どちらのスペースも同じく処理対象になります。

2、文字の間の連続した空白は、最初の1つだけを残す

文字列の間の空白が連続していた場合は、最初の1つだけを残して、後は全て削除します。

半角全角の区別なく、最初の空白だけ残ります。

3、離れた複数の空白があった場合も1つだけ残して削除する

文字列の間の空白箇所が離れて複数あった場合も、やはり1つだけ残して削除します。

スポンサーリンク

まとめ

最初にも書きましたが、空白を削除したい時に真っ先に頭に浮かべたいのは「置換機能」でしょう。

置換機能による空白の削除は下のリンク先で説明しています。

Excel(エクセル)でスペース(空白)を削除する簡単な方法|半角と全角を指定して削除する
Excel(エクセル)でスペース(空白)を削除する簡単な方法です。必要のない空白があった場合は、簡単に削除できますよ。

しかし、今回の例で使用した氏名など、間の空白だけは削除したくない場合に活躍するのがTRIM関数です。

頭の隅に入れておいて、必要になったら思い出したい関数ですね。

 

「TRIM」には「刈り取る」という意味があるにゃ