Excel(エクセル)でワークシートを隠す方法と非表示を解除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2010 2013 2016 2019 2021 365

エクセルで使用しているシートを非表示にする方法です。

ワークシートの量が多いと、目的のシートを探すのに時間がかかる時もあるのでは。

また、複数人が触るブックでは、いじられたくないシートは隠しておいた方が安心なはず。

操作は簡単ですよ。

 

状況に応じて表示したり隠したりするにゃ

スポンサーリンク

ワークシートの隠し方

今回は複数のワークシートを同時に隠してみます。
※一つずつ隠すときも方法は同じです。

下の「1月売上」~「3月売上」を非表示にしてみます。

 

隠したい最初のシートを選択したら、

最後のシートを【Shift】キーを押しながらクリック。

これで途中のワークシートも選択されます。

ちなみに、離れた複数シートを選択したい時は【Ctrl】キーを押しながら選択します。

 

続いて、それら選択したシートの上で右クリック → [非表示]を選びます。

これで選択された全てのシートが非表示になります。

今回は複数シートを非表示にする例で紹介しましたが、1つのシートの上で「非表示」を選択すると、そのシートだけが非表示になります。

スポンサーリンク

ワークシートを再表示する方法

非表示にしたワークシートを再度表示する方法です。

現在表示されているシートの上で右クリック → [再表示]を選びます。

現在隠されているワークシートの一覧が表示されるので、再表示したいワークシートを選択します。

最後のシートを【Shift】キーを押しながら選択すると全てを簡単に選択できます。

また、離れた複数シートを選択したいときは【Ctrl】キーを押しながら選択しましょう。

選択できたら[OK]を押すと再表示されます。

まとめ

操作は簡単なので、状況に応じて気軽に設定したいですね。

 

今回は一番左のワークシートを赤く塗っています。

このように頻繁に使用するシートは目立つようにしておくのがお勧めです。

シート見出しの上で右クリックして表示されるメニューから簡単に色を付けることができますよ。

大事なシートだけ目立つようにしておくだけで、作業効率がアップするかもしれません。

 

ワークシートの扱いにも気を遣いたいにゃ