Excel(エクセル)で折れ線グラフの途切れを繋げる(補間する)方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Excel(エクセル)で折れ線グラフの途切れを繋げる(補間する)方法です。

例えば下の表全体を選択して折れ線グラフを作成すると、

データが存在しない「2016年」の場所は、空いてしまいます。

そのため、2016年の部分を除いてグラフを作成すると下のようになります。

問題は無いのですが、時間の流れを重視したい場合は、2016年の期間も入れたいところです。

ということで、エクセルにその部分を自動で補間してもらいましょう。

設定は簡単に終わるにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

折れ線の間を繋げるやり方

では、下のグラフの空白部分を補間してみます。

グラフの上で右クリックして、一覧から[データの選択]を選びます

※グラフのどの場所で右クリックしても[データの選択]は表示されます。

表示された[データ ソースの選択]画面で、左下の[非表示および空白のセル]をクリックします。

表示された画面、[データ要素を線で結ぶ]にチェックを入れて[OK]をクリック

前の画面に戻るので、また[OK]をクリックすれば完了です。

これまで空白だった場所に自動で線が引かれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

データが不足している場合に便利な機能ですが、「ここは補間データです」と相手に知らせる必要がありますね。

単純にその期間を除くよりも、時間の推移による増減が分かりやすくなるので良い点もあります。

 

正確さを重視してデータを除くか、流れを重視して補間して見せるか。どちらを選ぶか難しいところだにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

講座紹介はこちらから

スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所