Excel(エクセル)でダブルクリックや「F2」キーで編集ができない時に確認したいこと

スポンサーリンク

\ Amazon Prime Day 開催中! /
7月16日(火)・17日(水)

ポイントアップキャンペーンの登録を忘れずに!
Office365 が16%オフ!
(プライム会員のみ割引が表示されます)
セールの時に期限を延ばすのがお勧めです
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

エクセルでいつものように、ダブルクリックでセル内を編集しようとしたら反応がない!?【F2】キーも使えない。そんな時に確認したい事です。

まず疑いたいのが「保護機能」です。作業中のExcelファイルが、新たな入力ができないようにロックされているのかもしれません。

次の可能性は「オプション機能」を使って、直接セル内を編集できないようにしていることです。

それぞれ順番に説明します。

 

普段の操作ができないと気持ち悪いにゃ

スポンサーリンク

ワークシート保護を解除する

まっさきに疑いたくなるのは、「ワークシートの保護機能」が使われている可能性です。

セルをダブルクリックしたときに以下のメッセージが表示される時は保護機能が使用されています。

[校閲]タブ → [シートの保護の解除]をクリックしましょう。
※このボタンは保護機能が使用されていないときは[シートの保護]の表示になっています。

押したらいつものように作業できるようになれば解決です。

しかし、下のパスワード入力画面が表示された時は保護を解除するためのパスワードが設定されています。

そのファイルを作成した人にパスワードを聞いて保護を解除するしかありません。

スポンサーリンク

オプションを確認する

ダブルクリックも編集のショートカット【F2】キーも使えないけど、数式バーでは編集できる状態になっている状態の時は、

オプション設定をチェックしましょう。

 

左上の[ファイル]をクリックして、

一番下の[オプション]を選択。

表示された[Excel のオプション]画面の左側で[詳細設定]を選び、右側の[セルを直接編集する]にチェックを入れます。

これで通常の状態に戻ります。

この場所のチェックが外れている状態だと、セルの中にカーソルが移動しなくなり、セル内の編集は数式バーからしか操作できなくなります。

まとめ

セル内にカーソルが移動しないと、まずは保護機能を疑うと思います。

しかし、オプション機能に「セルを直接編集する」かのオン/オフがあることも頭の隅に入れておきましょう。

何らかの理由で前にExcelを操作していた方が設定を変更した可能性があります。

この設定はファイルごとではなく、Excel全体に影響するので注意が必要です。

 

変更したら元に戻しておいて欲しい設定だにゃ