Excel(エクセル)で関数を使って通し番号を作成する方法|行削除しても自動で連番が振り直されるようにする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

エクセルで、IDナンバーや出席番号などの連続番号を、関数を使用して作成する方法を紹介します。行を削除しても番号を修正する必要がなくなります。

使用する関数はROW関数。簡単に設定できますよ。

 

設定は簡単だにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関数で通し番号を作成する方法

使用するのは、ROW関数。

ROW関数は、自分が入力されているセルの行番号を表示することができます。

では、早速やってみましょう。

セル「A1」を選択して、[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の種類]を[検索/行列]か[すべて表示]に切り替えて、ROW関数を選んで[OK]をクリック。

 


ROW関数・・・指定したセルの行番号を返す。

ROW(範囲[省略可])

  • 範囲・・・行番号を調べるセルや範囲を指定[省略可]

 

引数の入力画面が表示されます。

ここで、どこかのセルを指定すると、そのセルの行番号が表示されるのですが、今回は今入力しているセルの行番号を表示したいので、そのまま何もせずに[OK]をクリックします。

完成した関数は、

=ROW()

簡単ですね。

「A1」は1行目なので、「1」と表示されます。

あとは、セルの右下のフィルハンドルを下に引っ張ってコピーすれば、連番のできあがり。

この番号は、全て関数でその場所の行番号を取得しているので、途中の行を削除しても自動で番号が振り直されます。

途中から番号を振る場合

1行目から番号を振る場合は、

=ROW()

で良いのですが、番号を振りたいセルが、2行目や3行目からだと困ってしまいます。

例えば、下のように3行目から「1」と振っていきたい場合です。

先ほどと同じく、

=ROW()

と入力すると、

入力された行番号を表示するので、「3」から始まってしまいます。

これでは困りますね。

ということで、その前に存在する行の分だけ引き算してあげましょう。

今回は3行目から始まるので、前に存在するのは2行分。

=ROW()-2

としてあげます。

これで、ちゃんと「1」から始まります。

そして、下にコピー。

問題ありませんね。

まとめると、

番号が始まる行の、1行上の行番号だけ引き算する

ということになります。

「1」を「01」から始める方法

一桁の番号に「0」を追加して二桁で表示したい場合の設定です。

表示形式を使用します。

設定したいセル範囲を選択して、

[ホーム]タブ → [セルの書式設定]起動ツールをクリック。

左側で[ユーザー定義]を選択して、右の「G/標準」と入っている文字を削除します。

その場所に「00」と入力。

これは、2桁の数値で1桁の場合、左側に「0」を付けてくださいという意味です。

設定すると、下のようになります。

もし、「001」のように3桁で左に「0」を埋めたい場合は、先ほどの場所に「000」と入力すればOKです。

下のリンク先で詳しく説明しています。興味のある方はご覧ください。

Excel(エクセル)での「0,000」と「#,##0」と「#,###」の違いを簡単に説明
Excel(エクセル)の表示形式での「0,000」と「#,##0」と「#,###」の違いを簡単に説明します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

連続番号は、1行目から振ることは少ないと思います。

=ROW()

を設定した後に、番号が始まる行の、1行上の行番号だけ引き算してあげる

と覚えておけば良いですね。

 

ROW関数についての説明は下のリンク先にあります。

Excel(エクセル)で行番号を取得する|ROW関数の使い方
エクセルでのROW関数の紹介です。エクセルの行番号を取得することができます。他の関数と組み合わせて使用する機会が多い関数です。

 

データが多い場合は、エクセルへの負担が大きくなるので注意だにゃ