Excel(エクセル)での表の作成方法 ②|セルの結合と解除

Introduction

エクセルで表を作成する手順を何回かに分けて説明します。

第2回は、セルの結合と解除です。

セルの結合はデータとして扱う場所にはお勧めできませんが、タイトルなどでは活躍します。

 上手に使うとお洒落に表が作れるにゃ

スポンサーリンク

セルを結合する方法

今回は、下の表の矢印部分を、

タイトルらしく、セルを結合して表の中央に寄せる感じにしてみます。

まず、結合したいセルを選択します。

今回の場合は、「B2:F2」を選択です。

選択できたら、[ホーム]タブ → [セルを結合して中央揃え]をクリック。

すると、選択したセルが合体して、文字が中央揃えになります。

1度に「結合」と「文字の中央揃え」2つのことをやってくれます。

結合した場所をクリックしてリボンを見てみると、

中央揃えの場所も押されているのが分かりますね。

さて、タイトルで結合が必要な場合は、たいてい文字も中央に寄せたいので、このボタンですぐにできます。

しかし、ボタンの右側に▼がありますね。

他のメニューがありそうです。実際に押してみると、下のようなメニューがあらわれます。

他にも結合の種類がありそうですね。みてみましょう。

1番上は、最初に使用したものと同じです。

では、2番目の[横方向に結合]を試してみます。

下の表の青い部分で試します。

まず、その部分を選択して、

[横方向に結合]をクリックします。

すると、下のような注意画面がでます。

[選択範囲には複数のデータ値があります。1つのセルとして結合すると、選択したセル範囲にある最も左上端にあるデータのみが保持されます(空白セルは無視されます)。]

簡単に言うと、広い範囲を選択して結合すると、左上端のデータしか残りませんよ。ということです。

気にせず[OK]を押してみましょう。

1番上の行のデータが、左端を残して消えたようですね。

気にせずさらに[OK]ボタンを押し続けると・・・。

このようになります。

選択した場所の横方向が結合され、左端のデータだけが残ります。

では、3番目の[セルの結合]を試しましょう。

先ほどと同じ場所を選択して、

[セルの結合]をクリック。

結果がこちら。

選択した場所が完全に合体し、データは左上端のみ残ります。

今回のように広い場所で使用することはあまりないかもしれませんね。

コメント欄を作成する場合ぐらいでしょうか・・・。

結合を解除する方法

結合の解除は簡単です。

解除したい場所を選択して、[セルを結合して中央揃え]を押しましょう。

もしくは、右側の▼をクリックして1番下の[セル結合の解除]をクリックです。

同じ命令なので、前者の方が楽ですね。

実際に先ほど結合した場所をクリックして解除すると、

下のようにセルのマス目が復活します。

もちろん以前入力したデータは復元されませんので注意が必要ですね。

結合をお勧めしない表

セルをむやみに結合することはおすすめしません。

理由は、並び替えなどのデータベース機能が使用し難くなるからです。

例えば下の表、表の中を1部結合してみました。

この状態で並び替え機能を使用すると、

このような画面が表示され並び替えができません。

エクセルは、行ごとにデータを判断するため、途中を結合すると表の形が分からなくなってしまうのですね。

表の1部を結合するのは、次のような場合にしましょう。

  1. タイトルなど、表のデータから離れた場所
  2. データベース機能や複雑な計算式を使用する予定がなく、印刷メインで使用する表

適切な場所で使用したいですね。

まとめ

表の結合は、効果的に使用すると表の見栄えをパワーアップします。

表の内容に応じて上手に使いましょう。

前 → 表の作成方法 ①|文字を効率的に入力する方法

次 → 表の作成方法 ③|セルの書式設定

 線の色を削除したり白くして結合してるように見せる方法もあるにゃ
スポンサーリンク
関連コンテンツ