Excel(エクセル)のコメント機能(付箋、メモ機能)の使い方|非表示にする方法や、印刷するやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

エクセルのコメント機能を使用すると、付箋を貼るようにメモを記入できます。

普段は表示されず、設定をしたセルの上にマウスを移動するか、選択した時に表示されるので邪魔になりません。

また、印刷もされないので気軽に利用できますよ。もし印刷したい場合は、設定を変更すれば印刷できるようになります。

 

 ちょっとしたメモで使用するのも良いにゃ
スポンサーリンク

コメントの挿入方法

コメントを作成するには、対象のセルをクリックして、

[校閲]タブ → [コメントの挿入]をクリックします。

右クリックのショートカットメニューを使用する方法もあります。

記入者が入力され、その下にコメントが入力できるようになります。

コメントを入力して、他のセルをクリックすれば完了です。

コメントを挿入した場所には、セルの右上に赤い三角のマークが付きます

その場所をクリックするか、マウスを移動するだけで、コメントがポップアップ表示されます。

 

コメントの内容を修正する場合は、[校閲]タブ → [コメントの編集]をクリック

やはり右クリックのショートカットメニューからも可能です。コメントを作成したセルで右クリックした場合は、コメントに関するメニューが増えていますよ。

話を戻します。

[コメントの編集]をクリックすると、コメントに文字が打てる状態になります。また、周りの白いハンドルを引っ張れば、コメント枠のサイズも変更できます。

横長にしてみました。

 

コメントを挿入したセルを選択した状態で、下の赤枠で囲んだ部分の上側[コメントの表示/非表示]をクリックすると、

常にコメントを表示した状態にできます。

また、下の[すべてのコメントの表示]をクリックすると、全てのコメントを常に表示した状態にできます

コメントの削除

コメントを削除するには、削除したいセルをクリックして、[校閲]タブ → [削除]で簡単に削除できます。

また、複数のセルを選択しておけば、コメントを同時に削除することも可能です。

作成者の変更

コメントの最初に記入される作成者を変更することができます。

左上の[ファイル] → [オプション]をクリック。

[基本設定]の下の方にある、[ユーザー名]に入力されている文字が、コメントに挿入されます。この場所を変更しましょう。

作成者を表示したくない場合

コメントの作成者が挿入されないようにする方法はありません。

[ユーザー名]の場所を全て消したとしても、コンピュータのユーザー名が表示されてしまいます。

少し強引ですが、空白のスペースを入力すると下のようになります。

結局、スペースとコロン「:」が入力されてしまいますが・・・。

コメントを印刷する設定

コメントを印刷するには、ページ設定を変更する必要があります。

[ページレイアウト]タブ → [ページ設定起動ツール]をクリックします。

[ページ設定]ダイアログボックスが表示されるので、[シート]タブに移動して、[コメント]の場所をクリックすると、

印刷するコメントの設定を選ぶことができます。

[シートの末尾]を選ぶと、コメントの表示/非表示に関わらず、全てのコメントが最後のページに一覧として印刷されます

セル番地も印刷されますね。

また、[画面表示イメージ]を選択すると、画面に表示されている状態と同じように印刷されます

ポイントは、[コメントの表示/非表示]を押して、コメントを常に画面に表示した状態であること。

上の画像は1つのコメントのみ表示設定にしています。

全てのコメントを印刷したい場合は、[すべてのコメントの表示]をオンにしてから印刷すればOKです。

まとめ

手軽に活用できるのがコメント機能です。

セルに対する入力内容を説明する時にも使えますし、自分用の簡単なメモに使うのも良いですね。

削除も簡単なので、積極的に活用しましょう。

 

 難しい操作が必要無いので嬉しいにゃ
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所