Excel(エクセル)で枠線を消す(非表示にする)方法

スポンサーリンク

\ Amazon Prime Day 開催中! /
7月16日(火)・17日(水)

ポイントアップキャンペーンの登録を忘れずに!
Office365 が16%オフ!
(プライム会員のみ割引が表示されます)
セールの時に期限を延ばすのがお勧めです
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

Excel(エクセル)でセル(マス目)に引かれている枠線を消す方法です。

印刷はされない線ですが、消しておくと便利なこともあります。

必要な場所を入力してから印刷する表の場合は、周りの線を消すと見やすくなるのでおすすめです。

また、印刷したときのイメージも把握しやすくなりますね。

 

人に見せる表の場合は枠線を消してあげると喜ばれるかもにゃ

スポンサーリンク

枠線を消す方法

今回は下の表の枠線を消してみます。

[表示]タブ → [目盛線]のチェックを外す

※バージョン2010など過去のバージョンの場合は、[枠線]の名称になっています。

これで枠線が非表示になります。

 

他の方法としては、

左上の[ファイル] → [オプション]をクリック。

[詳細設定]をクリックして、右のスクロールバーで下の画面に移動します。

真ん中少し下まで移動して、[枠線を表示する]のチェックをはずしましょう。

この場所だと、右下の[枠線の色]の場所で枠線の色を変更することもできますよ。

スポンサーリンク

まとめ

普段表示されている線は作業するための線なので、完成したら非表示しても良いかもしれません。

データベースとして扱っている表は、線を消すと見づらくなる可能性が高いのでそのままで良いでしょう。

表の使い方に応じて表示/非表示を使い分けたいですね。

 

マス目が消えるだけで、スッキリするにゃ