Excel(エクセル)でカーソルキー(矢印キー)で数式編集時に移動できない時の対処法

スポンサーリンク

\ Amazon Prime Day 開催中! /
7月16日(火)・17日(水)

ポイントアップキャンペーンの登録を忘れずに!
Office365 が16%オフ!
(プライム会員のみ割引が表示されます)
セールの時に期限を延ばすのがお勧めです
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

Excelの条件付き書式や、入力規則などで数式を修正している時に、カーソルキーを使うと移動せずにセル番地が入ってしまう!そんな時の対処法です。

【F2】キーを押して「編集モード」に切り替えましょう。

 

数式編集でカーソルキーが使えないにゃ

スポンサーリンク

カーソルキーで数式内を移動できるようにする

下の表の赤枠で囲んだセルには、条件付き書式が設定されています。

条件としては、下のように数式が入力されています。

=IF(B2="","false",IF(B2=D2,"false","true"))

その式を修正しようとしてクリック。

カーソルキーを使用して左へ移動しようとすると・・・。

カーソルは移動せずにセル番地が勝手に入力されてしまった。

ちなみに、このセル番地ですが、カーソルキーの左を押すと選択されていたセルの左の番地、

右を押すと右のセル番地が自動で入ります。

 

さて、ここからが本題。

普通にカーソルキーを移動して使用したい時は【F2】キーを押しましょう。

左下の「入力」と表示されていた場所が、

「編集」に切り替わります。

これで、通常のようにカーソルキーで移動できるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

【F2】キーは通常時もセル内を編集したいときに使用します。

マウスでダブルクリックして編集モードへ移動する方が多いと思いますが、

【F2】キーを使用するとセル内の文字列の最後へカーソルが移動します。

 

数式編集のときにイライラしたことがあるはずだにゃ