スポンサーリンク

Word(ワード)での、左揃えと両端揃えの違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

ワードの初期設定は「左揃え」なのかなと思い、リボンを見ると「両端揃え」に設定されています。

では両者の違いは何なのでしょうか?素朴な疑問を解決しましょう。

 

両方とも左から揃うように見えるにゃ

スポンサーリンク

左揃えと両端揃えの違い

下の文章は「両端揃え」の状態です。

この「両端揃え」がWordの初期設定なのですが、左端と右端の両方の文字が縦に揃っているのが分かります。

文字を選択すると、さらに分かり易くなります。

特に右端に注目。

まっすぐ揃っていますね。

 

一方、「左揃え」に設定したのが下の画像です。

右端が揃っていないのが分かります。

このように、

  • 左揃え・・・文字の左側だけ揃える
  • 両端揃え・・・文字の左右両側を揃える

という違いがあります。

「両端揃え」は、文書中に記号や英字が含まれていても、文字間隔を微妙に調整して右端を揃うようにしてくれます。

文書の体裁としては、右端も揃っていた方が良いので、初期状態から設定されている「両端揃え」がお勧めとなります。

 

Wordには1行の文字数を設定する機能があります。

その文字数で行を折り返すのが、「左揃え」ということになります。

1行の文字数が決まっている文書の下書きをしている際は、「左揃え」も便利ですね。
※句読点などの禁則処理により、必ずしも文字数通りにはなりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

Wordの初期設定が[両端揃え]になっていることは覚えておきたいですね。

文字の配置を変更した後、最初の状態に戻したい時に[左揃え]を押してしまいがちですが、[両端揃え]にしておくのがお勧めです。

 

文字を揃えるときは、なるべくスペースは使わないようにしたいにゃ