Word(ワード)で好きな機能をショートカットキーに登録する方法

Introduction

自分だけのオリジナルショートカットキーを割り当てる方法です。

自分だけが頻繁に利用する機能を設定すれば、作業のスピードアップが図れます。

 

 良く使用する機能はショートカットに登録にゃ

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ショートカットキーを登録する際の注意事項

初めに、ショートカットキーを登録する時のポイントをまとめておきます。

まず、登録できるショートカットキーです。

  • 「Ctrl」・「Alt」キーと他のキーの組み合わせが登録できる
  • 「Ctrl」・「Alt」キーと他のキー2つの組み合わせが登録できる
  • 「Ctrl」・「Alt」キー + 「Shift」キーと他のキーの組み合わせが登録できる
  • 「F1」などのファンクションキーが登録できる

 

次に、全体のポイント

  • ワードで常に使用できるようにする登録と、開いている文書のみに使用できる登録方法がある
  • 同じ機能に複数のショートカットキーを登録できる
  • すでに他の機能が設定されているショートカットキーに割り当てた場合、元のショートカットキーの機能は使えなくなる

これらのポイントを押さえてから、登録しましょう。

 

 

ショートカットキーの登録方法

では登録方法です。

[ファイル] → [オプション]をクリック

左側で[リボンのユーザー設定]を選んでから、[ユーザー設定]をクリック

下の[キーボードのユーザー設定]画面で設定します。

  1. 分類・・・設定する機能の分類を指定する
  2. コマンド・・・設定する機能を指定する
  3. 現在のキー・・・現在その機能が割り当てられているショートカットキー
  4. 割り当てるキーを押してください・・・これから割り当てるショートカットキーを入力
  5. 現在の割り当て・・・④で指定したショートカットキーに、今どの機能が設定されているか
  6. 保存先・・・常にワードでそのショートカットキーを利用するか、今開いている文書だけで使用するか

では、例として、[ホーム]タブの罫線ボタンをクリックして、

表示される一覧の[水平線]の機能を、

「Ctrl」+「B」に登録してみます。

ちなみに[水平線]機能とは、使用すると下の図のように水平線が引かれる機能です。

 

[ファイル] → [オプション] → 左側で[リボンのユーザー設定]を選んでから、[ユーザー設定]をクリック

先ほどの番号順に指定していきます。

まず、ショートカットキーを設定する機能を選ぶ必要があります。

今回の「水平線」機能を選ぶには、[キーボードのユーザー設定]の[分類]で[ホーム]タブ」を選択します。

すると右側の[コマンド]部分が切り替わるので、[InsertHorizontalLine]を選びます

[コマンド]はアルファベット順で表示されます。

英語表記で表示されるので機能が分かり難いですね。画面の左下を見ると、簡単な説明が表示されるので参考にしましょう。

そのショートカットがどこにも登録されていない場合は、左中ほどにある[キーストロークの指定]の[現在のキー]の場所には何も表示されません。

例えばコピーのコマンド[EditCopy]を選択すると、下の画面のようにすでに登録されているショートカットが表示されます。

登録しようとしている機能が、すでに登録されている場合はそのショートカットを覚えてしまった方が良いかもしれませんね。

また、このコピー機能でもショートカットが2つ登録されているように、ショートカットは複数登録できます。なので、覚えやすいキーをさらに追加登録しても良いですね。

 

では今回は「Ctrl」+「B」に登録したいので、[割り当てるキーを押してください]の場所をクリックして、実際に「Ctrl」+「B」を押します

この場所ですが、

「Ctrl」「Alt」と他のキーの組み合わせで様々な設定が可能です。ファンクションキーも使用できます。

「Ctrl」+「Shift」や「Alt」+「Shift」も使えます。

「Ctrl」+「Shift」+「Alt」と他のキーの組み合わせで4つのキーを使用するショートカットも作成できます。

また、「Ctrl」などと組み合わせて、他のキーを同時に2つ使用する設定もできます。

下の場合は、「Ctrl」+「B」+「A」の同時押しのショートカット設定です。

上の設定の場合は、元から設定されていた「Ctrl」+「B」の「太字」の設定は適用されなくなります。「Ctrl」+「A」の「全体選択」は以前のまま使用できます。

つまり、最初に押される組み合わせに設定してあったショートカットは上書きされるということ。

 

また、左下の[現在の割り当て]の場所に注目です。すでに、そのショートカットキーが使用されている場合、この場所に表示されます。

最初は何も表示されていないこの場所。

[割り当てるキーを押してください]の場所に、ショートカットキーを設定すると、

割り当てられているキーが表示されます。

上の画像を見ると、今回設定しようとしている「Ctrl」+「B」にはすでに「Bold」太字のショートカットキーが割り当てられていることが分かります。

また、割り当てが無い場合は[未定義]と表示されます。

なるべく、この[未定義]の組み合わせで設定したいですね。

 

今回そのまま設定すると、「Ctrl」+「B」での「太字」の設定はできなくなり、「水平線」の機能で上書きされます。

ちなみに、今作成している「水平線」のショートカット設定を削除すると、自動的に「Ctrl」+「B」での「太字」設定は復活します。

新しく作成したショートカット設定を削除すると、上書きされた元の設定が自動復活する

ということです。

 

最後に[保存先]の設定です。[保存先]の場所をクリックすると、

「Normal.dotm」か、その時開いている文書のファイル名を選ぶことができます。

「Normal.dotm」へ保存すると、常にそのPCのワードで使用できるショートカットになります。

ファイル名を選んだ場合は、そのファイルでのみ使用できるショートカットになります。

複数の人が使用するPCの場合は、どちらにするか気にした方が良いでしょう。

「Normal.dotm」で最初から設定されているショートカットを上書きすると困る人も出てきそうです。

 

 

登録したショートカットキーを削除する方法

登録したショートカットキーを削除するには、対象となるショートカットキーの[コマンド]を選択して、[現在のキー]に表示されたショートカットをクリックして、左下の[削除]を押します

複数登録している場合は、個別に削除することができます

 

最初の状態に戻したい場合は、[すべて元に戻す]をクリックしましょう。

新しいショートカットキーを登録して上書きされた場所も、元に戻りますよ。

 

 

まとめ

あまり複雑な組み合わせを設定しても覚えきれません。

普段使用するショートカットを抜かした覚えやすい場所を設定したいですね。

ちなみに、「Ctrl」キーとの組み合わせで登録されていない[未定義]の場所は、「7」「8」「9」「;」「。」「¥」ぐらいですね。

「Alt」キーを積極的に活用したいところです。

 

 そのPCを他の人が使う場合は、普段のショートカットが消えないように注意が必要にゃ