Word(ワード)でファイルを開けないようにパスワードを設定、解除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

ワードのファイルをメールで送付する場合など、万が一のことを考えてファイルを暗号化したりパスワードをかけたい場合があります。

難しい操作は必要ないので積極的に利用したい機能です。

 

設定の場所は大きく2つに分かれます

  1. [ファイル] → [情報] → [文書の保護] → [パスワードを使用して暗号化]を使用する方法
  2. [ファイル] → [名前を付けて保存] → [ツール]ボタン → [全般オプション] を使用する方法

この2つの方法を順番に紹介します。

また、2つめのやり方では、書き込みパスワードや、読み取りパスワードなどの細かい設定ができます。

 

 関係者以外に見られたくないファイルはパスワードをかけておくにゃ
スポンサーリンク

1、簡単にパスワードを設定し、ファイルを暗号化する方法

単純に、ファイルにパスワードをかけたい場合は、この方法がおすすめです。

対象のファイルを開いたら、左上の[ファイル]をクリックして、

最初から表示されている[情報]の右側[文書の保護]をクリックします。

上から2番目[パスワードを使用して暗号化]をクリックすると、

[ドキュメントの暗号化]の画面が出るので、

好きなパスワードを入力して[OK]をクリックします。

パスワードの再確認の画面が表示されるので、同じパスワードを入力して[OK]。

これで設定終了です。上書きをしましょう

 

保存後そのファイルを開こうとすると、下の画面が表示されて、パスワードが合わないとファイルが開けないようになります。

次に説明する方法の[読み取りパスワード]を設定するのと同じ結果になります。

パスワードの解除方法

設定したパスワードを削除するには、先ほどの逆の作業をするだけです。

[ファイル] → [情報] → [文書の保護]ボタンの右側に「この文書を開くにはパスワードが必要です。」と表示されていますね。ここを見れば、そのファイルにパスワードが掛かっているか分かります。

[パスワードを使用して暗号化] → [ドキュメントの暗号化]画面で、設定したパスワードを「BackSpace」キーで削除してから[OK]をクリックすればパスワードは削除されます。

削除したら上書きするのを忘れずに。

2、ファイルに読み取り、書き込みパスワードを設定する方法

もう一つのやり方です。

対象のファイルを開いたら、左上の[ファイル]をクリックして、

[名前を付けて保存]をクリック

[名前を付けて保存]画面で、下にある[ツール]と書かれてある場所をクリックします。

表示された一覧から[全般オプション]を選ぶと、

下の画面が表示されます。それぞれの機能をまとめてみます。

①読み取りパスワード

ファイルを暗号化し、パスワードを入力しないと開けないようにする。

②書き込みパスワード

ファイルは開けるが、パスワードを入力しないと「読み取り専用」でしか開けなくなる。

③読み取り専用を推奨

ファイルを開く時、読み取り専用を推奨する画面が表示される。(下の画面)

今回のテーマでポイントになるのは①と②ですね。

では、①の「読み取りパスワード」を設定してみます。

[読み取りパスワード]に好きなパスワードを入力して[OK]をクリック

[パスワードの確認]画面が表示されるので、同じパスワードを入力して[OK]

[名前を付けて保存]画面に戻るので[保存]をクリック

これで設定完了です。

 

そのファイルを開こうとすると、下の画面が表示され正しいパスワードを入力しないと開けなくなります。

 

②の「書き込みパスワード」も設定の方法は全く同じです。

しかしファイルを開いた画面は下のようになり、パスワードを入力しない限り、左にある、「読み取り専用」で開くことになります。

ここで注意したいのが、保存ができなくなるのでは無いこと。上書きができなくなるだけで、ファイル名や保存場所を変更すれば普通に保存できます

 

では、2か所を同時に設定できるのでしょうか?

  • 読み取りパスワードと書き込みパスワードは両方設定できる
  • 読み取りパスワードと書き込みパスワードは別々のパスワードを設定できる

これが答えです。

両方、別々のパスワードを設定した場合は、まず下の画面が表示され、

正しいパスワードが入力されると次に、

の画面が表示されることになります。

パスワードの解除方法

パスワードの削除は、設定時と同じ手順、

[ファイル]タブ → [名前を付けて保存] → [ツール]ボタン → [全般オプション] で設定画面を表示して、

パスワードを「BackSpace」キーで削除して[OK]を押し、保存し直すだけです。

パスワード設定の注意事項

最後にパスワード設定をする際の注意事項です。

 

  • パスワードを忘れると復元できない
  • どの文字でも使用できる
  • 文字数制限はない
  • 大文字と小文字は区別される

 

これらを覚えておきましょう。

まとめ

とても便利なパスワード設定ですが、一番怖いのはパスワードを忘れてしまうこと。

よっぽど大切なファイルでない限り覚えやすいパスワードを設定しておくと良いかもしれませんね。

ただし、あまり短い文字数だとブルートフォースアタック(総当たり攻撃)でパスワードを突破されるかもしれませんのでご注意を。

 

 パスワードを忘れたらおしまいにゃ!
スポンサーリンク



ワード
Prau(プラウ)Office学習所