Excel(エクセル)でのセル、行列の移動とコピー|行や列の入れ替え方法

Introduction

エクセルでのセルの移動とコピーの説明です。

基本的な操作ですが、ミスも多い箇所です。

列と行をそのまま移動する方法も説明します。

 マウスポインタの形に注目にゃ!

セルの移動

では、「B3」に入力した「あいうえお」を右隣の「C3」に移動してみましょう。

まず、移動元のセルを選択します。

上の画像が選択した状態です。

選択した場所は、黒い太枠で囲まれます。

また、青い〇で囲んだマウスの形に注目してください。普段は白い十字マークですね。

では、マウスを黒い枠線の上に移動してください。

上下左右どこでも構いません。

すると、白十字だったマウス先が、十字矢印の付いた白い矢印に変更されます。

その状態でマウスをクリックすると白い矢印になります。

これが、移動できますよの合図です。

そのまま移動したい場所へ引っ張りましょう。

今回は隣の「C3」へ移動します。

移動できました。

ポイントは、選択して囲まれた黒い枠線の上で引っ張ることです。

広い場所を選択して移動する場合も同じです。

「B3:C4」を「D5:E6」に移動してみます。

まず選択して、

外枠にマウスを移動します。

そのまま右下へ引っ張ります。

移動完了です。

ここで、マウスポインタの形に関して簡単な説明をします。

選択

白い十字が通常のセルを選択できる状態です。

移動

矢印の十字が移動です。

選択した場所の外側の黒枠部分にマウスを持っていきます。

オートフィルコピー

黒十字がオートフィルコピーです。

選択した場所の右下の■にマウスを持っていきます。

列選択

黒下矢印が列選択です。

画面上部の列番号の位置にマウスを持っていきます。

行選択

黒右矢印が行選択です。

画面左端の行番号の位置にマウスを持っていきます。

セルのコピー

今度は、移動ではなくコピーです。

ショートカットキーを使用する場合

移動の時と同じように選択した場所の外枠にマウスを移動します。

そこで「Ctrl」キーを押しっぱなしにします。

マウスポインタの右上に+記号が付きますね。

その状態でコピー先まで引っ張ります。

手を離すとコピーされます。

メニューを使用する場合

コピー元を選択してから[ホーム]タブ → [コピー]をクリック。

すると、コピー元が点滅します。

コピー先をクリックして、[貼り付け]を押しましょう。

貼り付きました。

貼り付いた直後は、まだコピー元が点滅しています。そのうち消えるのですが、気になる方はキーボードの左上にある「Esc」キーを押すと消えますよ。

列と行の移動(行列の入れ替え)

最後に列と行の移動をやってみましょう。

下の表の「D列」の「性別」を、「F列」「G列」の間に持っていくことにします。

まず、「D列」を列選択します。列番号「D」の上でクリックです。

では、間違ったやり方から。

先ほどのセルを移動する要領で黒い枠線をクリックしたまま右へ引っ張ってみます。

すると下のようなメッセージが出てきます。

そのまま[OK]を押すと、

上の画像のように、移動前のデータが消え、移動先のデータが上書きされてしまいます。

これでは困りますね。

では、正しいやり方です。

列選択をして、黒い枠線までマウスを持っていくのは先ほどと同じです。

大切なのは、引っ張る時に「Shift」キーを押しっぱなしにすること。

その状態で移動先に引っ張ります。

移動先で手を離すと、

このように列ごと移動できます。

行の移動も同じ要領でできます。

移動したい行を行選択して、

黒い太線の上へマウスを持って行って、矢印十字になってから、「Shift」キーを押しながら、移動先へ引っ張ります。

そのまま行ごとデータが移動します。

また、セルのコピーと同じように、「Ctrl」を押しながら引っ張るとコピーになります。

つまり行と列をコピーする場合は、「Shift」と「Ctrl」同時押しで引っ張るということですね。

まとめ

どうでしたか。

はやりマウスのポインタに注目するのが大切ですね。

「Shift」キーを利用した行列移動はとても便利なので覚えておきましょう。

移動やコピーは 常に使う動作だから大切なんだにゃ

前 → Excel(エクセル)の基礎知識

次 → 列幅、行幅の変更と調整の方法

スポンサーリンク
関連コンテンツ