Excel(エクセル)での比較演算子の説明と覚え方|不等号、大なり、小なり、以上などの説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Introduction

Excel(エクセル)での比較演算子の説明です。

比較演算子とは、IF関数の条件式でよく使用する、不等号や等号と呼ばれたり、大なり、小なりと呼ばれる「<」「<=」のような記号のことです

 

口を開けた方が大きくなります

 

 IF関数で大活躍にゃ
スポンサーリンク

比較演算子一覧表

 

演算子意味使用例説明
=等しいA=BAとBは等しい
<>等しくないA<>BAとBは等しくない
>より大きいA>BAはBより大きい
<より小さいA<BAはBより小さい
>=以上A>=BAはB以上
<=以下A<=BAはB以下

 

比較演算子を表にするとこのようになります。

表での使用例ですが、見やすくするために「A」「B」と表記しています。

実際にエクセルで使用する場合は「A1」「B2」のようにセル番地に変わりますね。

 

紙に書く場合は「≧」や「≦」を使いますが、エクセルで使用する場合は「>=」「<=」のようになるので注意が必要です。

イコールは後ろに付ける

と覚えておきましょう。

 

不等号の場所は、ここにありますよ。

「TRUE」と「FALSE」

また、それぞれの条件を満たしていた場合、エクセルは「条件に一致しているよ」と教えてくれます。その条件を満たしている場合の返事として「TRUE」という返事を返します。

逆に条件を満たしていない場合は「条件に一致していないよ」という返事として「FALSE」という返事を返します。

 

条件に一致している場合・・・「TRUE」

条件に一致していない場合・・・「FALSE」

 

英語の意味がTRUE(トゥルー)が「真実の、本当の」で、FALSE(フォルス)が「間違った、偽りの」という意味ですね。

 

エクセルで使用する場合は、条件に対しての結果は自分で指定することがほとんどなので、最初はあまり意識する必要はないでしょう。

 

しかし、元からあるデータと、他から貼り付けてきたデータが一致しているか確認したい場合などに、この「TRUE」と「FALSE」を使う方法があります。

興味のある方は、Excel(エクセル)でのデータが一致しているか簡単に確認する方法|データの比較、照合をご覧ください。

呼び方

例えば「A<B」を口にする場合は、「AがBより小さい」、「A<=B」の場合は、「AはB以下」と言えばよいのですが、そのまま記号の呼び方も書いておきます。

 

「=」・・・等号・イコール

「<」・・・小なり

「>」・・・大なり

「<=」・・・小なりイコール

「>=」・・・大なりイコール

A>BとB<Aは同じ

当たり前の話ですが、対象となるセルが逆になった場合、不等号を逆にすれば内容は一致します。

以上とより大きいの違い

「以上以下」は、その数字を含み、「より大きいより小さい」はその数字を含みません。

 

例えば「100円以上」は100円を含みそれより高いものになります。

「100円より高い」という場合は、101円からになります。

 

「100円以下」は100円を含みそれより安くなり、「100円より安い」という場合は99円からになります。

 

では、100円未満は?

 

未満はその数字を含みません。つまり、100円より安いと同じ意味になります。

 

どっちがどっちだっけ?という方にお勧めなのが、」が付いたら「コールをつける」と覚えてしまう方法です。

日本語において、以上以下だけその数字を含みます。つまり演算子では「=」が必要になる。

 

同じ「い」繋がりなので覚えやすいですね。

まとめ

比較演算子はエクセルを使用していると頻繁に利用します。

算数や数学が嫌いだった方も、あまり難しく考えず慣れてしまうのが一番です。

 

 「未満」は「より小さい」と同じにゃー
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所