Excel(エクセル)での構成比の出し方|構成比率の求め方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Introduction

Excel(エクセル)での構成比の求め方です。

文系の方は比率という言葉が嫌いですよね。そもそも構成比とは何だろう?求め方は?

構成比は関数ではなく、ただの割り算で求めます。

 

 比率とかパーセントとか嫌いにゃー
スポンサーリンク

構成比とは

構成比とは、求める要素が全体に対して占めている割合です。

その構成比は円グラフで表すことができます。

例えば、このグラフにおいて、「外国人観光客の中国の構成比は?」

と聞かれたら、「25%です」が答えになります。

円グラフで見ると、構成比がどういうものか分かり易いですよね。

全体から占める割合というのがしっかり目で分かります。

また、構成比は全部を合計すると100%になります

言葉を変えると

「全体を100%にした場合、その場所は何パーセントになる?」

ということになります。

構成比の求め方

では、構成比がどのようなものか整理したところで、エクセルでの求め方です。

 

構成比を求める計算式は、

「構成比を出したいセル」 ÷ 「全体の値」

構成比を出したいセルを、全体の場所で割り算してあげると出てきます。

 

下の表の「構成比」の場所を求めてみます。

まず、表の内容を確認してください。

 

先ほどの円グラフの元になっている表なのですが、2015年度の日本に観光に来た人数を国ごとにまとめたものです。

1番多いのが中国からの観光で、4,993,800人ですね。また、合計の場所を見ると、日本への観光客は全体で19,737,400人だったことも分かりますね。

 

では、計算式を入れましょう。

「D4」をクリックして、計算式のスタートである「=」を自分で入力します。

まず最初に、構成比を求めたいセルをクリックします。

この場合、「D4」の結果は中国の4,993,800の構成比を出したいので、「C4」をクリックします。

その場所を割り算してあげます。

割り算の「/」を入力。

どこで割ればよいのかというと、全体で割り算してあげます。

この場合、中国の人数に対する全体とは、各国の合計人数ですね。

「C10」をクリック。

このまま「Enter」キーで確定してはいけません。

 

今クリックした全体の「C10」は絶対参照にして固定しなければいけません。

 

キーボードの「F4」キーを押して「$」記号を付けましょう。

え?なんで?と思った方は、Excel(エクセル)で計算する方法 ③|絶対参照の使い方をご覧ください。絶対参照はとても大切な機能なのでしっかりマスターしておくのがお勧めです。

 

もし、この場所を絶対参照にしなかった場合は、下の画像のようにオートフィル機能を使用して下にコピーすると、エラー表示になります。

 

絶対参照にしたことを確認して「Enter」キーを押すと計算結果が表示されます。

「あれ?パーセントで出ない」と思った方。計算結果は全体を「100」ではなく、「1」として表示されるので、「0.」いくつで表示されます。

かといって、100倍する必要もありません。後で簡単に見た目を%表示に変更することができます。

とりあえず、オートフィル機能を使用して計算式を下にコピーします。

結果が表示されます。

それぞれの結果を合計を合計すると、ちゃんと「1」になります。

では、%表示になおしましょう。

直したい場所全体を選択して、

[ホーム]タブ → [パーセント スタイル]ボタンを押すだけです。

ついでに、今のボタンのちょっと右にある[小数点以下の桁数を増やす]ボタンを押して、小数点一桁まで表示したのが下の図です。

※表示形式に関しての説明はExcel(エクセル)での表示形式の使い方|パーセンテージ、円マーク、桁区切り、小数点をご覧ください。

きれいにパーセント表示になっていますね。

最初のグラフと見比べてみると分かり易いかもしれません。

まとめ

今回の説明でのポイントをまとめると、

 

[構成比とは]

その場所が全体に占める割合のこと

[求め方]

求めたい場所を、全体で割る

[注意事項]

全体の場所は絶対参照にする

 

仕事によって構成比が必要になる場合はあると思いますので、ポイントだけでも覚えておきましょう。

 

 「率」ときたら、後で「パーセント スタイル」にするにゃ