Excel(エクセル)での関数の使い方 ③|関数で絶対参照を使用する

Introduction

Excel(エクセル)の関数で絶対参照を使用する場合の説明です。

関数の種類によっては必ず必要になる設定なのでしっかり使えるようになりたいですね。

関数の中で絶対参照を使用する例としてRANK関数を使用して説明します。

「絶対参照」に関して不安な方は、こちらの説明を見る前にExcel(エクセル)で計算する方法 ③|絶対参照の使い方をご覧ください。

 関数の引数の一部を絶対参照にすることがあるにゃ

スポンサーリンク

RANK関数を使ってみる

今回は、下の表の右側の「順位」に「G4:G9」の「合計」順位を出していきたいと思います。

まず、順位を出したい「H5」を選択します。

数式バー左側にある[関数の挿入]ボタンをクリックして、

RANK関数は[最近使用した関数]には入っていないと思うので、[すべて表示]に変更し、

[RANK]を選んで[OK]を押します。

こちらが、RANK関数の引数入力画面です。

これまでの関数と違い、引数を3つ入れる必要があります。合計や平均より難易度が上がりますね。


RANK関数・・・指定したリスト範囲中で、順位を出す関数

RANK(数値,参照,順序[省略可])

  • 数値・・・順位を出したい場所を指定
  • 参照・・・順位を出す全体の比較範囲を指定
  • 順序・・・「0」を入力すると降順、「1」を入力すると昇順になる (省略した場合は降順になる)

では、引数を入力していきます。

「H4」の場所は、「アメリカ」の「合計」数が他の国の合計数と比べて何位なのかを出したいのですね。

引数最初の[数値]の場所は、その順位を出したい場所を指定するので、隣の「G4」をクリックします。

「G4」と入ったのを確認したら、次の[参照]に移動しましょう。

[参照]は、今回順位を出す全体の範囲を選択します。

今回順位を出す比較範囲は、各国の合計の場所ですね。

ということで「G4:G9」をマウスで選択してあげましょう。

そして、ここで大きなポイントです。

この「G4:G9」の場所は、「F4」キーを押して絶対参照にする必要があるのです。

なぜでしょう?

もし、絶対参照の「$」記号を付けずにやってみた場合の結果を見てみましょう。

※最後の引数[順序]には、とりあえず「0」を入力しておきます。

そのまま[OK]を押すと、ちゃんとアメリカの順位は「3」と表示されます。これは合っています。

しかし、下にオートフィルコピーすると・・・

ん?「1」位や「2」位がいっぱい。どうみてもおかしいですね。

では、コピーされた計算式をみてみましょう。

赤く囲んだ場所をよくみてみると・・・。

まず、最初の引数が「G4」「G5」「G6」と移動しているのが分かります。これは正しいですね。順位を出す場所は、アメリカから、韓国、タイと移動して欲しいですから。

しかし、次の引数の場所「G4:G9」はどうでしょう。

「G4:G9」「G5:G10」「G6:G11」と移動していますが、これは・・・。

この2番目の引数の場所は、合計を比較する全体の範囲を指定する場所です。なので、いつも同じ全体の位置で固定しておかなければならないのです。

下の画像は「H9」セルにコピーされた計算式「=RANK(G9,G9:G14,0)」で説明したものです。

どうでしょう、少し難しいかもしれませんが、「なるほど!」となるまで画像と関数をじっくり眺めましょう。

ということで、「G4:G9]の場所はしっかり絶対参照にします。

最後に[順序]の場所で、降順(数字が大きい順番)で順位を出すか、昇順(数字が小さい順番)で順位を出すか自分で選ぶことができます。

昇順と降順の違いが不安な方は、Excel(エクセル)での昇順と降順の説明|昇順降順の覚え方をご覧ください。

今回は降順(大きい順)なので「0」を入力。

※この場所は省略することができます。省略した場合は自動的に降順設定(0入力と同じ)になります。

順位に「3」と出るのでそのままオートフィルコピーすると、

きれいに順位が表示されました。

計算式を見てみると、常に合計を出す比較範囲(2つめの引数)が「G4:G9」で固定されているのが分かります。

このように、関数によってはオートフィルコピーする際にセル番地を固定しなければならないことがあります。

その場合は「F4」キーを使用して絶対参照にすることを忘れないようにしましょう。

その際にちょっと注意事項

絶対参照にする時に、すぐに「F4」キーを押さずに他の場所をクリックした後などに設定した場合、片方にしか$記号が付かない場合があります。

その場合は、左側のセル番地をクリックして、「F4」キーを押し、両方のセル番地を絶対参照にするようにしましょう。

もしくは、絶対参照にする場合は、いつも全体を選択してから「F4」キーを押すクセをつけるのもいいですね。

まとめ

今回説明に使用したRANK関数はそれほど使用する関数ではないかもしれません。引数が3つ必要なのですが、無理に覚える必要はないでしょう。

それよりも大切なのが関数の中で絶対参照を使用するときがあることです。

「〇〇関数のこの場所では絶対参照を使用する」という感じで覚えるのではなく、セル番地を固定する必要がある場合に臨機応変に絶対参照にできるようになるのが理想です。

前 → 関数の使い方 ②|関数の入力方法

次 → 関数の使い方 ④|IF関数の使い方

 絶対参照にする場合は結構あるらしいにゃ
スポンサーリンク
関連コンテンツ