スポンサーリンク

Excel(エクセル)で、ローマ数字をアラビア数字【普通の1,2,3】に変換する方法|ARABIC関数の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

エクセルでローマ数字をアラビア数字に変換する方法です。

ARABIC関数を使用することで簡単に変換できますよ。


ARABIC関数・・・ローマ数字をアラビア数字に変換する

=ARABIC(文字列)

  • 文字列・・・変換したい文字列を指定。セル参照可。

 

 

アーランビーアナーーーイ

スポンサーリンク

ローマ数字をアラビア数字に変換する

では、下のローマ数字をアラビア数字に変換してみます。

対象のセルを選択して[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の分類]を[数学/三角]か[すべて表示]に切り替えて「ARABIC」を選んで[OK]をクリック。

[関数の引数]には、変換したいセルを指定するだけです。

大文字と小文字は区別されません。

[OK]をクリックすれば変換終了です。

下にオートフィル機能を使用してコピーすれば完了。

簡単ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマ数字を変換できないとき

ARABIC関数を使用してもアラビア数字に変換できない・・・。

そんな時は、元のローマ数字に「環境依存文字」を使用している可能性があります。

例えば、ローマ数字の「6」は「VI」ですが、これはアルファベットの「V」(ブイ)と「I」(アイ)で入力されている必要があります。

ひらがなモードで「数字」を入力して変換一覧に表示されるような「環境依存文字」のローマ数字だと変換できません。

下の画像は、アルファベットの組み合わせで入力されたものと、環境依存文字で入力されたローマ数字を並べたものです。

見た目では区別が付かないと思います。

簡単な確認方法は、入力された文字をドラッグしてみることです。

アルファベットの組み合わせで入力されている場合は、1文字ずつ選択できます。

しかし、環境依存文字で入力されている場合は、1文字として選択されます。

ARABIC関数が使用できるのは、アルファベットの組み合わせで入力されたローマ数字だけとなります。

まとめ

使い方は簡単ですが、すでに入力されているローマ数字の文字に注目ですね。

 

逆にアラビア数字をローマ数字に変換するROMAN関数とセットで覚えておきましょう。

Excel(エクセル)で、ローマ数字を入力する方法と、ローマ数字に変換する方法|ROMAN関数の使い方
エクセルでローマ数字を入力する方法と、すでに入力されているアラビア数字をローマ数字に関数で変換する方法です。

ローマ数字に変換する「ROMAN」とアラビア数字に変換する「ARABIC」。

名前も覚えやすいですね。

 

ローマ数字は「文字列」として扱われるんだにゃ