Excel(エクセル)でベスト3やワースト3を表示する|LARGE関数とSMALL関数の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

LARGE関数とSMALL関数の説明です。数値の大きい、小さい方から順に数値を抜き出してくれる関数です。

エクセルで数値のトップ3やワースト3などを表示したい場合に役立ちます。

 


LARGE関数・・・指定されたデータの中で〇番目に大きいデータを返す。

LARGE(配列,順位)

  • 配列・・・抽出対象のセル範囲を指定
  • 順位・・・大きい方から何番目の値までを抽出したいかを数値(対象セル)で指定

 


SMALL関数・・・指定されたデータの中で〇番目に小さいデータを返す。

SMALL(配列,順位)

  • 配列・・・抽出対象のセル範囲を指定
  • 順位・・・小さい方から何番目の値までを抽出したいかを数値(対象セル)で指定

 

「1」位や「2」位のように順位を表示したい場合は、RANK関数を使用します。Excel(エクセル)での関数の使い方 ③|関数で絶対参照を使用するをご覧ください。

 

ちょっとした結果を表示したい場合に便利にゃ

スポンサーリンク

LARGE関数・SMALL関数の使い方

今回は、下の表の赤枠部分の点数の上位と下位を、右側の表に表示してみます。

では、上位3位を表示してみます。結果を表示したいセルを選択して、[関数の挿入]ボタンをクリック

[関数の分類]を[統計]か[すべて表示]に変更し、「LARGE」関数を選びます

 


LARGE関数・・・指定されたデータの中で〇番目に大きいデータを返す。

LARGE(配列,順位)

  • 配列・・・抽出対象のセル範囲を指定
  • 順位・・・大きい方から何番目の値までを抽出したいかを数値(対象セル)で指定

 

引数の指定は、下のようになります。

[配列]の場所には、抽出対象となる「D3~D12」を選択します。後でオートフィル機能を使用してコピーすることを考えて「F4」キーで「$」記号を付けて絶対参照にするのを忘れずに

※絶対参照に関して不安な方は、Excel(エクセル)で計算する方法 ③|絶対参照の使い方をご覧ください。

[順位]の場所には、抽出したい順位となる数値を入力します。今回は左側に数値を入力したセルを用意しているので、その場所「F3」を指定します。

=LARGE($D$3:$D$12,F3)

[OK]をクリックすると結果が表示されます。

オートフィル機能を使用して下にコピーします。

 

次に、SMALL関数を使用してみます。使い方は一緒。

[関数の分類]を[統計]か[すべて表示]に変更し、「SMALL」関数を選びます

 


SMALL関数・・・指定されたデータの中で〇番目に小さいデータを返す。

SMALL(配列,順位)

  • 配列・・・抽出対象のセル範囲を指定
  • 順位・・・小さい方から何番目の値までを抽出したいかを数値(対象セル)で指定

 

引数の指定は、下のようになります。

関数名が違うだけで、LARGE関数と一緒ですね。

=SMALL($D$3:$D$12,F8)

後はコピーすればできあがり。

スポンサーリンク

まとめ

引数の指定も簡単なので使いやすい関数ですね。

[順位]の場所を今回のようにセル参照を使用する場合は、絶対参照にするのを忘れないようにしましょう。

 

順位を表示する「RANK」関数よりも簡単だにゃ