Excel(エクセル)のCOUNT関数とCOUNTA関数の違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Excel(エクセル)のCOUNT関数とCOUNTA関数の違いについて簡単に説明します。

同じようにデータの個数を数える関数ですが、何が違うのでしょうか。それぞれの関数を並べて考えてみましょう。

 

 両方とも個数を数えるにゃ
スポンサーリンク

書式から見る違い

まず、関数の書式を比べてみましょう。


COUNT関数・・・指定した範囲の中で、数値の数を数える。

COUNT(値1,[値2],…)

  • 値1・・・数値データの個数を数える範囲を指定
  • 値2,…・・・個数の追加範囲がある場合に使用[省略可能]

 


COUNTA関数・・・指定した範囲の中で、空白以外の数を数える。

COUNTA(値1,[値2],…)

  • 値1・・・個数を数える範囲を指定
  • 値2,…・・・個数の追加範囲がある場合に使用[省略可能]

 

引数は、数える範囲を指定するだけなので2つとも同じです。

どうやらカウントするデータが違うだけのようですね。

使用時の違い

2つの関数は、カウントするデータの内容が異なります。

 

COUNT関数

  • 数値、日付が対象
  • 文字、エラー値、論理値(True・False)は対象外

COUNTA関数

  • 全ての種類のデータを含むセルが対象
  • 数値や文字だけではなく、エラー値、論理値(True・False)が入っているセルも一つとして数える

下のように、数字で入力されているデータのみの個数を数えるにはCOUNT関数が適しています。3番の猫山さんの「未」は文字なのでカウントされません。

対して、下のように文字で入力されているデータを数えるにはCOUNTA関数を使用します。

COUNTA関数は、空白以外のセルは何でも数えてしまいます。

数字の「0」はもちろんのこと、表示されたエラーの場所まで数えてしまうことは覚えておきましょう。

まとめ

COUNT関数を「数値だけ数える」と覚えるのは良いと思いますが、COUNTA関数を「文字を数える」と覚えるのは危険です。

エラー値や、スペースが入力された場所も数えてしまうので、「空白以外は何でも数える」と覚えておくのが良いでしょう。

また、[オートSUM]ボタンの

一覧から、[数値の個数]を選んだ場合は、COUNT関数になります。

【関連】

データの個数を数える|COUNT関数

空白以外の個数を数える|COUNTA関数

 

 どちらも使うので違いをはっきり覚えた方が良いみたいだにゃ