スポンサーリンク

Excel(エクセル)で繰り返し同じ文字を表示する|REPT関数の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

指定した回数だけ同じ文字を繰り返してくれるREPT関数を紹介します。5段階評価を星の数で表したり、文字で横棒グラフを作成するのに便利です。

 


REPT関数・・・文字列を指定した回数繰り返す

=REPT(文字列 , 繰り返す回数)

  • 文字列・・・繰り返したい文字列を指定
  • 繰り返す回数・・・繰り返す回数を指定

 

 

読み方はリピート関数だにゃ

スポンサーリンク

REPT関数の使い方

今回は、下の合計ポイントの数値を右側に「★」の数で表示してみます。

対象のセルを選択して[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の種類]を[文字列操作]か[すべて表示]に変更して「REPT」を選びます。


REPT関数・・・文字列を指定した回数繰り返す

=REPT(文字列 , 繰り返す回数)

  • 文字列・・・繰り返したい文字列を指定
  • 繰り返す回数・・・繰り返す回数を指定

 

引数の指定は難しくありません。

[文字列]の場所には表示したい文字を入力します。
※文字は「””」で囲みます。次の場所をクリックすると自動で付きます。

[繰り返し回数]の場所には、繰り返す数が入力されているセルを指定。

今回は、「★」が多くなるのを防ぐため、「/3」を追加して3で割り算しておきます。

完成する式は下のようになります。

=REPT(“★”,F3/3)

結果は下のように表示されます。
左の「合計」が「12」なので、「12/3」で★が4つ表示されました。

下にオートフィル機能でコピーすれば完成です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

今回は繰り返す回数をセル参照で指定しましたが、

直接数字を入力して回数を指定することもできます。

例えば「10回」繰り返す場合は下のようになります。

=REPT(“★”,10)

文字を繰り返す回数については、割り算などを使用して上手に数を調整したいですね。

 

アイデア次第で便利に使えそうだにゃ