Excel(エクセル)でのグラフの構成要素について

Introduction

Excel(エクセル)のグラフの構成要素について説明します。

グラフエリアや系列やプロットエリアや凡例など。それぞれの場所を把握しておくと細かい設定がやり易くなりますよ。

 グラフはいろんな部品で出来上がっているにゃ

スポンサーリンク

グラフの構成要素の確認方法

グラフを構成している要素(部品)を確認するには、[レイアウト]or[書式]タブ → [グラフの要素]の▼をクリックします。

すると一覧が表示されます。

これが、グラフの構成要素です。

グラフの設定は、対象となる要素を右クリックして出てくるショートカットメニューで設定できます。

しかし、右クリックした場所が少しでもずれていると違うメニューが出てしまいます。

要素の名称さえ分かっていれば、この場所で選択して、すぐ下の[選択対象の書式設定]をクリックしてメニューを出すのがおすすめです。

グラフ作成直後の構成要素

グラフの要素は、グラフの種類によって異なります。また、系列の数やタイトルを付けたり各種ラベルを付けたりすると増えていきます。

まずは、グラフを作成した直後の構成要素を見てみましょう。

集合縦棒グラフ

無理して各名称を覚える必要はありません。マウスを上に持っていけば名称が表示されます。

しかし、どのような要素(部品)で構成されているかは、しっかり把握しておきましょう。

  1. グラフエリア・・・余白も含めた、グラフ全体のこと
  2. プロットエリア・・・グラフを表示している場所
  3. 系列・・・棒などの数値が図になっている場所
  4. 凡例・・・系列の名称
  5. 縦(値)軸・・・縦軸
  6. 横(項目)軸・・・横軸
  7. 縦(値)軸目盛り線・・・水平に引かれている目盛り線

  • プロットエリアでグラフ部分のサイズを変更できる
  • 縦(値)軸か、縦(値)軸目盛り線の書式設定画面で、目盛り線の間隔、最大値や最小値を変更できる

この2つは抑えておきたいところです。

円グラフ

  • グラフエリア・・・余白も含めた、グラフ全体のこと
  • プロットエリア・・・グラフを表示している場所
  • 系列・・・数値が図になっている場所
  • 凡例・・・系列の名称

縦棒グラフと違い、縦軸・横軸が存在しないので要素も少ないですね。

プロットエリアで円部分だけのサイズ変更ができることを抑えておきましょう。

良く使用する構成要素

上で紹介した要素以外にも、グラフ機能を使用することで要素は増えていきます。

良く使用する要素はこちら。

この中でも、「グラフタイトル」は使用する機会が多いですね。

まとめ

グラフの設定は、各要素を右クリックして[〇〇の書式設定]画面を確認することがほとんど。

極端な話、書式設定に欲しい設定項目が存在しなければ、元からできないと思ってしまって良いかもしれません。

その設定画面を的確に表示するためにも、どのような部品で構成されているか何となくでも知っておきましょう。

下のグラフは、縦棒と折れ線を使用した複合グラフです。

こちらの要素を確認すると、

17ありました。

それぞれの要素に細かい設定ができるということです。

 プロットエリアでグラフのサイズ変更ができるんだにゃ

スポンサーリンク
関連コンテンツ