Excel(エクセル)でセルの文字列を改行しながら結合する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Excel(エクセル)で、セルを結合する際に、それぞれを改行しながら結合するやり方です。

改行コードを活用します。

郵便番号と住所を改行しながら結合する時などに便利ですよ。

単純に文字を結合する方法は、Excel(エクセル)で文字やセルを結合(連結)する方法|苗字と名前(姓名)を結合するやり方にあるので、参考にしてください。

 

 セルを合体する時に利用することがあるかもしれないにゃ
スポンサーリンク

改行しながらセルを結合するやり方

今回は、下の「郵便番号」のセルと「住所」のセルを、改行してつなげたいと思います。

通常セルを結合するには、2つのセルを「&」記号を使用してつなげます

=A2&B2

結果はこちら。

ちゃんと結合されています。

ちなみに、間に文字を追加したい場合は、ダブルクォーテーション「”」で囲む必要があります

例えば、最初に「〒」マークと、番号と住所の間にスキマとして空白が欲しい場合は、下のような式になります。

=&A2& &B2

結果がこちら。


さて、ここからが本題です。

結合する際に使用するのは改行コードです。

文字はそれぞれ番号が割り当てられており、その中の改行の文字番号を指定する必要があります。

改行の文字コードはchar(10)

「文字番号の10番を指定する」という感じ。

ではやってみましょう。

式は

=A2&CHAR(10)&B2

2つのセルの間に改行コードを「&」で追加しました。

すると・・・。

あれ?改行されていない・・・。

いえ改行はされたのですが、そのままだと行の高さが優先されている状態なのです。

[ホーム]タブ → [折り返して全体を表示する]をクリックしましょう。

すると、ちゃんと改行されて表示されますよ。

あとは、オートフィル機能を使用してコピー

完成です。

まとめ

セルを結合する際のポイントとしては、

  • セルをつなげる場合には、「&」記号を使用する
  • 間に文字を追加したい場合は、ダブルクォーテーション「”」で囲む
  • 改行してつなぐ時は、char(10)を使用する

この3つを覚えておけば安心ですね。

 

 「折り返して全体を表示する」のを忘れないようにするにゃ
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所