Word(ワード)でミニツールバーを非表示にする方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

ワードで、文字を選択したり右クリックをすると表示されるミニツールバー。

バージョン2007から登場しました。

右上の文字が見えなくなったりして、昔からWordを使用している方にとっては邪魔になることも・・・。

ということで、消し方を紹介します。

※ミニツールバーは、カスタマイズすることはできません。

 

邪魔になる時の方が多い気もするにゃ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミニツールバーを非表示にする方法

とりえず、その場だけ表示を消したい場合は、マウスを選択場所から離すか、「Esc」キーを押せば表示が消えます。

  • マウスを選択場所から離す
  • 「Esc」キーを押す

※これらの方法は、右クリックした時は使用できません。「Esc」キーを押すと、表示されたショートカット一覧も消えてしまいますので・・・。

常に非表示にするには、左上の[ファイル]をクリックして、

1番下の[オプション]を選択します。

表示された画面で左側の[全般]が選ばれている状態で表示される、赤枠で囲んだ[選択時にミニツールバーを表示する]のチェックを外します

拡大するとこんな感じ。

これで非表示になります。

 

※ExcelやPowerPointでも同じように設定ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

かなり前のバージョンでは存在しなかった機能なので、以前からWordやExcelを触っている方にとっては邪魔に感じるかもしれません。

何度か使って試しているうちに、「邪魔だなー」から「これは便利かも」に変わる可能性もありますよ。

ちなみに、このミニツールバーですが、図形の上で右クリックすると、[スタイル][塗りつぶし][枠線]のボタンが表示されます。

また、表の中で右クリックすると、通常のボタンに表の[挿入][削除]ボタンが追加されますよ。

 

各ソフトウェアごとに設定が必要だにゃ