Excel(エクセル)で凡例の一部を消す(表示しない)方法|凡例だけを削除するやり方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 365

Excel(エクセル)で凡例の一部を消す(表示しない)方法です。

縦棒や折れ線部分の系列は残しながら、凡例だけを削除できます。

 

凡例だけを消せたんだにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

個別に凡例を消す方法

下にある凡例の「今月」だけを消したい場合は、

まず、凡例のどこかをクリックします。

すると凡例全体が選択されます。

そのまま、削除したい凡例(系列名)の上までマウスを移動し、もう一度クリックしましょう。

マウスの移動を正確に。

すると、その凡例だけが選択できます。

あとはキーボードの「Delete」キーを押すだけで削除できます。

凡例だけ削除され、グラフ部分は削除されないのがポイントです。

また、右クリックで表示されるショートカットメニューの[削除]でも消せますよ。

 

注意事項:

凡例の名前が存在しないと削除できません。

例えば、下のように項目名が入力されていない場合は、

凡例に名前が表示されません。

すると、クリックして選択ができません。

項目を入力していないということは、ほとんど無いとは思いますが・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消した凡例を元に戻す方法

消してしまった凡例を戻したい場合は、凡例を非表示にして表示し直せば元に戻ります。

 

グラフの右上の[+]をクリック → [凡例]のチェックをオンオフします。

下にあった凡例が右の場所に再表示されます。

同じ凡例を設定する場所の右側の▶をクリックして、

すきな場所に配置し直しましょう。

まとめ

凡例の1部だけを削除しようとすると、凡例全体を削除してしまうことが多いですね。そのため、個別には削除できないと思っている方も多いのでは。

 

凡例を2回クリックする必要があるのですね。

 

正確に選択が必要にゃ