Excel(エクセル)のCOUNTIF関数で、数値から数値まで一定範囲の個数を数える方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

COUNTIF関数で、一定の範囲(〇以上〇以下とか、〇より大きく〇未満など)に存在する数値の個数を数える方法です。

COUNTIF関数は、〇から〇までのような条件は作成できません。

関数を2回使用し、大きい数から小さい数を引き算してあげましょう。

 

 難しくはないみたいだにゃ
スポンサーリンク

一定範囲をカウントするやり方

今回は、下の表を例として使用します。青枠範囲の点数を、右側の一定の区分に分けてカウントします。

最初の「50未満」と最後の「90以上」はそのままCOUNTIF関数で数えることができます。

「J3」の「50未満」   =COUNTIF($D$3:$F$12,”<50″)

「J7」の「90以上」   =COUNTIF($D$3:$F$12,”>=90″)

 

ちなみに、COUNTIF関数の形はこちら。


COUNTIF関数・・・指定した範囲の中で、条件に合ったデータをカウントする。

COUNTIF(範囲,検索条件)

  • 範囲・・・検索する範囲を指定
  • 検索条件・・・検索する条件を指定

※COUNTIF関数に関しての詳しい説明は、条件に合ったデータを数える|COUNTIF関数をご覧ください。

 

さて、問題は「50~64」などの範囲内の個数を数えることですね。

こう考えましょう。

「50」~「64」の範囲内の個数は、「64」までの個数から、「50」までの個数を引き算すれば出すことができます。

ということで、「J4」に入れる関数は、

=COUNTIF($D$3:$F$12,”<=64″)-COUNTIF($D$3:$F$12,”<50″)

となります。

後で、下にコピーすることを考えて、青枠のセル範囲は絶対参照にしたいですね。そうすれば、数字を入力し直すだけで済みます。

まとめ

COUNTIF関数を2つ使用するのがポイントです。

COUNTIFS関数を使用する方法もありますよ。

COUNTIFS関数を使用する場合は、複数の条件に合ったデータを数える|COUNTIFS関数の後半、「一定範囲をカウントする方法」をご覧ください。

 

 大きい方の個数を数えて、小さい方の個数を引き算するにゃ