スポンサーリンク

Excel(エクセル)で小文字から大文字、大文字から小文字へ一括変換する方法|LOWER、UPPER関数の使い方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

Excelで大文字と小文字を逆の文字種に一括変換する方法です。両方の文字が混在している場合でも、関数を使用する事で簡単に変換できます。

使い方は、変換したい文字列が入っているセルを指定するだけですよ。

 


UPPER関数・・・文字列を大文字に変換する

=UPPER(文字列)

  • 文字列・・・大文字に変換したい文字列を指定

 


LOWER関数・・・文字列を小文字に変換する

=LOWER(文字列)

  • 文字列・・・小文字に変換したい文字列を指定

 

 

アッパーとロウワ―だにゃ

スポンサーリンク

大文字から小文字へ変換

大文字から小文字へ変換する際は、UPPER関数を使用します。

変換後を表示するセルを指定して[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の種類]を[文字列操作]か[すべて表示]に切り替えて「UPPER」を選んで[OK]。


UPPER関数・・・文字列を大文字に変換する

=UPPER(文字列)

  • 文字列・・・大文字に変換したい文字列を指定

 

引数の指定は、変換したい文字列のセルを指定するだけです。

[OK]をクリックすると結果が表示されます。

=UPPER(A1)

下へオートフィル機能を使用してコピーすれば変換終了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小文字から大文字へ変換

大文字から小文字へ変換する際は、LOWER関数を使用します。

変換後を表示するセルを指定して[関数の挿入]ボタンをクリック。

[関数の種類]を[文字列操作]か[すべて表示]に切り替えて「LOWER」を選んで[OK]。


LOWER関数・・・文字列を小文字に変換する

=LOWER(文字列)

  • 文字列・・・小文字に変換したい文字列を指定

 

引数の指定は、変換したい文字列のセルを指定するだけです。

[OK]をクリックすると結果が表示されます。

=LOWER(A1)

下へオートフィル機能を使用してコピーすれば変換終了です。

まとめ

2つの関数とも、全角半角どちらの文字種でも変換できます。

例えば全角小文字で入力されている文字種をUPPER関数で変換すると、

下のようにちゃんと大文字に変換されます。

最初のアルファベットだけを大文字にしてくれる「PROPER」関数とセットで覚えておきたいですね。

Excel(エクセル)で、英字、英単語の先頭だけを大文字にする方法|PROPER関数の使い方
エクセルで最初の1文字目だけを大文字にして、残りを小文字に変換する方法です。英単語や英語の人名などで使用しますね。

 

使い方が楽だと嬉しいにゃ