Excel(エクセル)の表示形式の一覧(日付と時刻・時間)

Introduction

Excel(エクセル)の表示形式の一覧です。

ここでは「日付」と「時刻、時間」についてまとめました。数値や文字に関してはExcel(エクセル)の表示形式の一覧(数値と文字)をご覧ください。

セルの書式設定のユーザー定義で使用します。

[ホーム]タブ → 「セルの書式設定]起動ツールをクリックするか、

右クリック → [セルの書式設定]をクリックして、

表示された[セルの書式設定]ダイアログボックスの[ユーザー定義]の[種類]の場所を消して使用します。

 日付をよく使う人は覚えておくにゃ

表示形式の種類一覧表

年月日

※結果は「2017/1/1」(平成29年1月1日)を入力した場合です。

分類 記号 使い方 結果
yy 西暦の2桁を表示する 17
yyyy 西暦の4桁を表示する 2017
g 和暦の元号をアルファベットで表示する H
gg 元号の最初の文字を表示する
ggg 元号を表示する 平成
e 和暦の年号を数字で表示する
(平成9年の場合「9」)
29
ee 和暦の年号を「0」付きで表示する
(平成9年の場合「09」)
29
m 月を数字で表示する 1
mm 月を「0」付きで表示する 01
mmm 月を省略英語で表示する Jan
mmmm 月を英語で表示する January
mmmmm 月を英語の頭文字で表示する J
d 日を数字で表示する 1
dd 日を「0」付きで表示する 01
曜日 ddd 曜日を省略英語で表示する Tue
dddd 曜日を英語で表示する Tuesday
aaa 曜日を省略和名で表示する
aaaa 曜日を和名で表示する 火曜日

時刻、時間

※結果は「8:8:8」(8時8分8秒)を入力した場合です。

分類 記号 使い方 結果
h 時刻を表示する 8
hh 時刻を「0」付きで表示する 08
m 分を表示する 8
mm 分を「0」付きで表示する 08
s 秒を表示する 8
ss 秒を「0」付きで表示する 08
12時間表示 h AM/PM 12時間表示の後にAM/PMを付ける 8 AM
hh:mm AM/PM 12時間表示の時分の後にAM/PMを付ける 08:08 AM
h:mm:ss AM/PM 12時間表示の時分秒の後にAM/PMを付ける 8:08:08 AM
時間経過 [hh] 時間の合計を表示する 08
[mm] 時間を分の合計で表示する 488
[ss] 時間を秒の合計で表示する 29288

【注意】

  • 「AM/PM」の場所は、後ろを「am/pm」にすると小文字表示、「a/p」にすると「a」or「p」の1文字表示になります。
  • 「m」「mm」は月の表示形式と重なるため、「h」「hh」の後か、「s」「ss」の前で使用しないと分の扱いになりません。

まとめ

全てを細かく暗記するよりも、「y」「g」「e」などのアルファベットだけ覚えておけば大丈夫だと思います。あとは、設定する時の[サンプル]の場所を見れば結果が分かりますよ。

つい、関数などを使用して揃えようとしていたことも、表示形式で簡単に解決する場合があります。

 作成したユーザー定義の表示形式は、ちゃんとブックに保存されてるにゃ!
スポンサーリンク
関連コンテンツ