Excel(エクセル)の印刷で文字が切れる、ずれる、消える場合の対処法

 Introduction

エクセルで印刷したら、最後の文字が消えている!欠けている!

そんなことはありませんか?

印刷すると列の最後にある文字が

欠けてしまったり。

テキストボックス内の文字が印刷してみると

消えてしまっていたり・・・。

最初に言ってしまうとエクセルは印刷が苦手です。

画面で表示されていても、実際の印刷や印刷プレビュー画面で思ったように出力されないことは多くあります。

解決する方法はいくつかありますが、簡単で早い方法でいきましょう。

 解決にゃ!

印刷時にセル内の文字が欠けてしまうのを解決する方法

ここでは2つの方法を紹介します。

作業している表にとって都合がよい方を選んでください。

列の幅を印刷できるぎりぎりの幅に調整する方法

調整したい列名と次の列名の間でダブルクリック!

ただそれだけ。

これで、その列にある文字列ぎりぎり印刷できるジャストサイズに調整されます。

印刷前は、すべての列を選択して一度に設定するのもおすすめ。

印刷で切れる不安を解消しましょう。

複数列を選択したら、列幅変更の位置でダブルクリックです。列の場所はどこでもOK。

文字を小さくしてセル内に収める方法

まず、印刷で欠ける可能性のある列を選択しましょう。

設定したい列名をクリックして列選択。

[ホーム]タブ → [配置]の右下をクリックします。

出てきた画面の[縮小して全体を表示する]にチェックを入れて[OK]。

これで印刷時に表示しきれない場所は文字が縮小されます。

赤丸で囲んだ部分をご覧ください。文字が少し小さくなっていますね。

 なるほどにゃ

テキストボックス内の文字が印刷時に消えてしまうのを防ぐ方法

対象となるテキストボックスをクリックした状態で

クリック → 一番下[図形の書式設定]をクリック

出てきた画面の[テキストボックス] → [テキストに合わせて図形のサイズを調整する]にチェックを入れる → [閉じる]をクリック。

これで文字がすべて印刷されるようになります。

この機能を使用すると、文字が小さくなるのではなく、文字の量に応じてテキストボックスのサイズが大きくなります。下の図をご覧ください。

2つのテキストボックスは作業画面だと同じサイズです。しかし、印刷プレビューで見ると、上のテキストボックスの方が右に広がっているのが分かります。

つまり作業画面と同じサイズで印刷されないのです。

結局、作業画面と印刷結果を一致させたいのであれば、見た目でテキストボックスを広げてあげた方がよい場合もありそうですね。

まとめ

昔から、エクセルは印刷が苦手です。

印刷をする場合は、印刷プレビューをしっかり確認する習慣をつけたいですね。

 プレビュー確認、大事だにゃー

スポンサーリンク
関連コンテンツ