Excel(エクセル)での利益率の計算式|原価、粗利益などを簡単に説明

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Excel(エクセル)での利益率の計算式です。

原価、粗利益などに関しても簡単に説明します。

ちなみに利益率は、関数を使用する必要はありません。割り算で求めます。

 

利益率が高いと嬉しいにゃ

スポンサーリンク

用語の簡単な説明

利益率を考える前に、関係する用語を簡単に説明しておきます。

※ここでの説明はかなり簡略化しております。

 

売上原価・・・商品を仕入れた時の金額

 

粗利益(売上総利益)・・・単純に売上高から売上原価を引いた利益

営業利益・・・粗利益から、さらに一般管理費(人件費や光熱費など)や販売費(運搬費や通信費など)を引いた利益

経常利益・・・営業利益から、さらに本業以外の損益も計算した利益

純利益・・・経常利益から、さらにすべての経費、税金などを差し引いた利益

 

定価・・・商品を売る時の金額

売上(売上高)・・・商品が売れた時の全てのお金

 

定価=売上原価+粗利益

という事が言えますね。

 

会計で使用する用語には他にも様々あります。しかし、今回のテーマである利益率では、粗利益と売上(売上高)しか使用しません。

 

※利益に関しては様々な種類がありますが、ここでは説明を簡単にするため、利益=粗利益として話を進めます。

利益率の求め方

利益率を求める前に、利益とは何でしょう。

 

利益とは売上から、経費などの費用を抜いた金額のことですね。

利益率とは、売上げに対して、どれだけの利益が出ているかを比率で示すものです。

 

利益率・・・利益(粗利益)÷売上高

 

利益を、売上で割り算してあげると出てきます。

 

また、本来%で表示したい場合は100倍する必要があるので、

(「利益」÷「売上高」)×100(%)

になるのですが、エクセルでは後で簡単にパーセント表示に変更できるので、「×100」は必要ありません。

 

では、下の表の利益率を出してみます。

その前に表の内容を説明する必要がありますね。

表全体を見ようとせずに、「猫缶A」だけに注目すると理解しやすいと思います。

 

白いセルは、数字を直接入力している場所です。

「原価」・・・商品を仕入れた時に支払ったお金です

「定価」・・・実際に販売した時の値段です。

「売上数量」・・・実際に売れた数です。

「40円」で仕入れた猫缶Aは、「100円」で販売して、どうやら150個売れたようですね。

 

次に黄色いセル。こちらは、数式が入っている場所です。

「売上原価」・・・「原価」×「売上数量」・・・商品の仕入れ値の合計です

「売上金額」・・・「定価」×「売上数量」・・・実際に売上げた金額です

「粗利益」・・・「売上金額」から、「売上金額」を引いたものです

150個売れた猫缶Aは、仕入金額に「6000円」かかったけど「15000円」売上げたようですね。実際のお店の粗利益は、引き算して「9000円」になりますね。

 

では、「利益率」を出してみましょう。

まず、利益率を出したい場所をクリックして、計算式のスタート「=」を入力します。

次に、「利益」÷「売上高」にする必要があるので、「粗利益」の場所をクリックします。

ということで「I3」をクリック。

割り算の「/」スラッシュは自分で入力します。

次に「利益」÷「売上高」の「売上高」ですね。

この場合は「売上げ金額」の場所、「H3」をクリック。

これで計算式ができました。「Enter」を押せば結果が表示されます。

「え?パーセントで出ないの」と思った方。見た目は後で変更できます。

計算式を入力したセルをクリックして、

[ホーム]タブ → [パーセント スタイル]ボタンを押しましょう。

100倍されて、パーセント記号が付いてくれます。

あとは、オートフィル機能を使用してコピーするだけ。

場合によっては、今のボタンのちょっと右にある[小数点以下の桁数を増やす]ボタンを押して、小数点一桁ぐらいまで表示してもいいですね。

※表示形式に関しての説明はExcel(エクセル)での表示形式の使い方|パーセンテージ、円マーク、桁区切り、小数点をご覧ください。

利益率が表示されました。

まとめ

利益率を求める場合は、その時の利益と売上の場所をしっかり把握することが大切だと思います。

また、粗利益や営業利益など、どの利益率を求めたいのかも考える必要がありますね。

 

 利益にはいろんな種類があるにゃー