Excel(エクセル)で24時間以上を計算する方法|勤務時間や残業時間の「時」「分」を合計する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

エクセルで、勤務時間などの計算をしている時に、時間の合計がうまくできない場合の対処方法です。

 

 時間の計算には、ちょっと注意が必要にゃ
スポンサーリンク

合計時間を正しく表示する方法

下の表をご覧ください。

それぞれ、「時間1」と「時間2」の場所を合計してみます。

5時間+5時間=10時間

15時間+15時間=30時間

となるはずですね。

「C列」に入れる式は下のようになります。

=A2+B2

=A3+B3

結果は・・・。

あれ、5時間+5時間はちゃんと10時間になっていますが、その下の15時間+15時間が6時間になっています。足しているのに減っているとは・・・。

ここで、ピーンときた方もいるかもしれません。

そう。24時間を超えた時間をエクセルは表示してくれないのです。

もう少し詳しく言うと、

「24時間を超えた場合は、24で割った余りの時間を表示する」

ことになっています。

先ほどの合計は本来30時間。「30割る24」の余り、6時間を表示しているという事。

 

かといって、計算をしていないわけではありません。あくまで見た目はそのように表示するということ。

 

では、その見た目(表示形式)を変更すれば良いという事になりますね。

やり方は、[ホーム]タブ → [表示形式]起動ツールをクリック。場所が分かり難いので注意しましょう。

左側で1番下の[ユーザー定義]を選んで、[種類]の場所を見てください。

「h:mm」となっているはずです。

これが通常の時間を表す表示設定です。

「h」が時間で、「mm」が分の意味。

この「h」の部分を「[]」で囲んで「[h]」にしてあげます。

※もし、[種類]の場所に全く違う文字が入っている場合は、全て文字を消してから、[h]:mmと全て入力してあげましょう。

これで合計時間を、そのまま表示してくれるようになります。

これで正しい表示になりました。

まとめ

時間に関する表示形式をまとめると下のようになります。

※「結果」は「8:8:8」(8時8分8秒)を入力した場合です。

分類記号使い方結果
h時刻を表示する8
hh時刻を「0」付きで表示する08
m分を表示する8
mm分を「0」付きで表示する08
s秒を表示する8
ss秒を「0」付きで表示する08
12時間表示h AM/PM12時間表示の後にAM/PMを付ける8 AM
hh:mm AM/PM12時間表示の時分の後にAM/PMを付ける08:08 AM
h:mm:ss AM/PM12時間表示の時分秒の後にAM/PMを付ける8:08:08 AM
時間経過[hh]時間の合計を表示する08
[mm]時間を分の合計で表示する488
[ss]時間を秒の合計で表示する29288

この表の下にある、「時間経過」の表示を利用するのですね。

 

 そのままの表示形式だと、24時間を超えると「0」から再スタートになるにゃ
スポンサーリンク



エクセル
Prau(プラウ)Office学習所