Word(ワード)で文字が消える時の対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

ワードを使用していると、突然文字の後ろが消えていくことがあります。

 

文字入力をしていたら、「いつもと違う」「違和感がある」と感じた時は文字の上書きモードがオンになっている可能性がありますよ。

 

 たまに文字が消えていくことがあるにゃ
スポンサーリンク

文字が消えるとは

下の画像の文章で試してみます。

「特に難所のない」の前に、「今回は」を追加してみたいと思います。

こんな感じで「今回は」と文字を後から追加します。

さて、やってみます。

これが通常の入力途中の状態です。特に変わったことはありません。

そして困った時が下の画像。

どうでしょう。違いが分かりますか?前の画像と比べてみてください。

 

矢印の先に注目していただくと、すでに打ち込まれていた文字が消えていっているのが分かります。よーく見ると、変換時の点線が波線になっているのもポイントです。

実際に文字を変換して確定すると、上の画像のように後ろの文字が消えてしまうのです!

文字が消えるのを直す方法

普段なにげなく打っている文字ですが、実は入力モードが2つ存在します。

 

  • 挿入モード・・・文字と文字の間に文字が挿入される
  • 上書きモード・・・文字を打つと後ろの文字を上書きしていく

 


Word2013・2016を使用している方は、これから説明する切り替えボタンが表示されていません。

「途中で切り替わった理由は?」で説明している、キーボードを使用した方法(Insertキー)で直しましょう。

※画面下のステータスバーを右クリックして同じボタンを表示することもできます。


 

後ろの文字が消えてしまうということは、きっと「上書きモード」になっているはず

直し方は簡単です。

画面の左下をごらん下さい。

拡大するとこんな感じ。

[挿入モード]となっていれば通常の状態です。

もし[上書きモード]となっている場合は、

クリックしてあげてください。

簡単に2つのモードが切り替わります。

いつの間にか切り替わった理由は?

知らない間に切り替わってしまう原因ですが、たぶんこれだと思います。

 

「Insert」キーを押してしまっている・・・。

「Insert」キーとは「上書きモード」と「挿入モード」を切り替えるキーです。

上の画像をご覧ください。

「BackSpace」と「Insert」が隣にあります。

※キーボードによって位置は異なります。

 

文字を消そうと「BackSpace」を押したつもりが、「Insert」を押していた・・・。

これが原因になっている場合がほとんどではないでしょうか。

 

先ほど、ワードの画面での入力モード切り替えを説明しましたが、この「Insert」キーを押すことでも切り替えできますよ。

「Insert」キーを使用しないようにする設定

間違えて押してしまって困るぐらいなら、いっそのこと使えないようにしてしまうのも一つの方法です。

 

左上の[ファイル]メニュー → 下にある[オプション]を選択

左側[詳細設定]を選択し、[上書き入力モードの切り替えにInsキーを使用する]のチェックを外しましょう。

これで安心です。

まとめ

私も年に数回は、上書きモードになってしまうことがあります。

前に打った文字がドンドン消えていき、あわてて上書きモードを修正します。

 

この上書きモードの存在を知らない方も多くなっているようです。周りの人たちにも教えてあげてくださいね。

 

 上書きモードの出番はあまりないにゃー
スポンサーリンク



ワード
Prau(プラウ)Office学習所