Word(ワード)での囲み線が自動で繋がるのを避ける方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

文字列を強調するのに役立つ囲み線ですが、下のような状態で、それぞれの間にスペースを入れて、

次のような状態にしたいと思っていても、間をクリックして空白を入れると、

囲み線は自動で繋がってしまいます。

また、囲み線を設定した後に、

空白など次の文字を入力すると、そのスペースも囲まれてしまう。

そんな状況を回避する方法です。

 

勝手に繋がると少しだけイラっとするにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

囲み線が繋がるのを避ける方法

方法は簡単です。囲み線を設定した直後や、

次の場所には囲み線を設定したくない場所をクリックしたら、

「Ctrl」キーを押しながら「Space」キーを押しましょう

「Ctrl」+「Space」・・・文字書式の解除

これだけで、囲み線の書式が解除され、スペースなど次の文字が囲まれる事がなくなります。

自動で繋がることもありません。

囲み線は前後にスペースを入れて見やすくすることが多いと思います。そんな時にもこのショートカットキーを使用すると設定が楽に済む場合がありますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

この「Ctrl」+「Space」は、とても便利なショートカットキーで、ワードを頻繁に使用する方は是非覚えておきましょう。様々な場面で活躍します。

例えば、下のように「黒猫」の文字を大きくしたり、色を付けたり、下線を付けたりした後に、

そのまま次の「三毛猫」を入力すると、当たり前ですが設定した書式は継続します。

しかし、文字書式の後に「Ctrl」+「Space」を押しておけば、通常の文字を続けて入力することができます。

 

  便利なのに、あまり有名じゃないショートカットキーだにゃ