Word(ワード)で半角スペースと全角スペースを簡単に切り替える方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Introduction

Ver. all 2013 2016 2019 2021 365

ワードで体裁を整えるためによく使用する空白。全角と半角の2種類があります。

その2つを入力モードを切り替えずに変更する方法を紹介します。

また、入力モードに関係なく、常に全角半角どちらかのスペースに固定する方法も紹介します。

 

簡単に切り替えられたんだにゃ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全角スペースと半角スペースを切り替える方法

スペース(空白)には全角と半角の2種類あります。

日本語入力モードの時は、通常全角のスペースが入力され、英数モードの時は半角スペースが入力されます。

編集記号を見えるようにして、

それぞれを3つ入力したのが下の画像です。

半角は全角の半分の横幅ということが分かりますね。

 

では日本語入力モードの時に、突然半角スペースを入力したくなった時の方法です。

方法は簡単。

【Shift】+【Space】

つまり、【Shift】キーを押しながらスペースキーを押すだけ。

これで、半角のスペースを簡単に入力することができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

初期設定のスペースを半角に変更する方法

入力モードによって、入力されるスペースは全角か半角か決まります。

これを、常に半角か全角スペースに固定することができます。

右下の[IMEツールバー]「あ」or「A」と表示されている場所で右クリック。

一覧から[設定]をクリック。
※OSのバージョンによって以降の操作は異なります。

表示された画面で[全般]をクリック。

[スペース]の場所をクリックすると、

  • 現在の入力モード
  • 常に全角
  • 常に半角

の3つから選ぶことができます。

業務内容によっては、常に半角のスペースが必要なことがあるかもしれません。

そんな時に役立ちますね。

まとめ

通常文字の頭を揃える際には、タブ機能やインデント機能を使用します。

しかし、一部の間隔調整としてスペースを利用することもあります。

そんな時に知っておくと便利なのが今回の【Shift】キーを使用した方法。さっと切り替えることで作業をスムーズに進めることができますよ。

 

初期状態の設定はWordではなく日本語入力の設定なんだにゃ