Word(ワード)の原稿用紙設定で最後のマス目に文字と句読点を一緒に入れる方法

 Introduction

ワードで[原稿用紙設定]を使用した場合の、最後の文字と句読点を同じマス目に入れる方法を紹介します。

これを

こうしたい場合の方法です。

 ちょっと細かい設定の話にゃ

スポンサーリンク

最後の句読点と文字を同じマスに入れる手順

まず、[原稿用紙設定]の[句読点のぶら下げを行う]にチェックが入っている状態になっていることが必要です。設定の際に特に変更していなければチェックは入っています。

次に、Word(ワード)の原稿用紙設定で機能制限を解除する方法をご覧いただいて、[原稿用紙設定]での制限を解除してください。

では、はじめましょう。

同じマス目に入れたい2文字を選択します。

次に、[ホーム]タブの[フォント]右下をクリックしてください。

[フォント ダイアログボックス]があらわれます。

[詳細設定]タブに移動し、赤で囲んだ部分のチェックをはずしてあげましょう。

これで一つのマス目に入りました。

少し上に寄っていますね・・・。

本来であれば「カーニング」などの機能を使用してきれいに収めたいところなのですが、ワードは縦書きがちょっと苦手

なかなか難しいと思います。

これをご覧ください。

きれいにおさまっていますね。

どうやったかと言いますと、テキストボックスを透明にして「。」だけ打ち込み配置しただけです。そこまでやる必要があるかといわれると微妙です・・・。

テキストボックスを透明にする方法はWord(ワード)で、好きな位置に文字を打つ方法をご覧ください。

 これで何とかなるにゃ

まとめ

[原稿用紙設定]はとても便利な機能ですが、Wordで可能な様々な機能が一部つかいづらくなりますね。

「清書予定の用紙が原稿用紙の見た目になっているので、原稿用紙設定で打ち込んでおく」というのはおすすめしません。

普通に横書きで打ち込んだ方が全体を見渡せるので、推敲しやすいと思います。

文字数が知りたい場合は、画面の左下に表示されていますし・・・。

スポンサーリンク
関連コンテンツ